ピナコテカ(絵画館)のあとはランチ! ローマ~パリ すちゃらか道中記13

ここで、投げやりになってはいけません。←ジブンに言い聞かせてる。
始めたら、なんとか最後までやり遂げなければ・・・・。
↑いや、まぁそんなに意気込むほどのことぢゃないから。
何をやらせても大抵竜頭蛇尾に終わるワガママン。
とりあえず、ふぁいとお~。っと、ピナコテカに向かいます。

c0117239_7341442.jpg
中も工事中。
どことなく、削がれる荘厳さ。お腹も空いてきて、ちょっとよれよれ・・・・・。

それでも。
c0117239_7354628.jpg
「聖母の戴冠と天使、聖人達、寄進者」   フィリッポ・リッピと協力者

c0117239_7415136.jpg
「ピエタ」  ルーカス・クラナッハ

そして、ラファエロの「変容」
c0117239_74553100.jpg


さらに。ダ・ヴィンチ 「聖ヒエロニムス」
c0117239_7473873.jpg


カルバッジョ 「十字架降下」 
c0117239_74913.jpg


第16室にあるのは大作 「エデンの園のアダムとエヴァ」 ヴァンツェル・ピーター
c0117239_7582933.jpg



と、巡って行けば。もう、名画酔い?なワガママン。なんと贅沢な時間。
さてと。それではヴァチカン美術館で、ランチにしましょう。そうしましょう。

c0117239_882936.jpg

ピッツッアのコーナーにはこれでもかっ!と人が並んでいたので、
セルフ・サービスのリストランテが開くまで待つことに。
お値段は書いてあるけれど・・・・当然何がなにやら分からない二人。
とりあえず入ってみましょ。そうしましょ。
開いてすぐに入ったので、セレクト時間も充分。テーブルもラクラク取れて。


c0117239_8133860.jpg
ちーちゃんのランチ リガトー二?のようなものとサラダ。そしてドルチェ。

c0117239_814344.jpg
ワガママンはこちら。 ニョケッテイのようなもの。クリームバジルソースが濃厚。
と、パテ・・・のような肉。サラダ。そしてカプチーノシェイク?

大体ニョケッテイ(ニョッキ)の盛りが多すぎ!←係の人がよそってくださるです。
もちろん、this one please で乗りきるうちら。

c0117239_822239.jpg席に着いた辺りで、
リストランテに
流れ込んでくる人々急増。

並んでて、
良かったね~。

などと言いながら、
もちろん完食。

ふと横を見ると、
大体、パスタが
ニョッキのような
ものを一品と、
ミネラルウォーターの
ヒト多し。
んがっ!
ドルチェは頼んでますな。


この、ドルチェがクセモノで。とにかく甘い!アゴが痺れる甘さ・・・とでもいいましょうか。
きっと、有名なドルチェのお店などでは美味しいものがいただけるのでしょうが、
ホテルのドルチェや、スーパーでついついお買上げしちゃったドルチェは、かなりの甘さ。
そして~。こちらの方々の多くは女性だけでなく男性も必ず食後にドルチェ。
こんの(くそ)甘いものを~たっぷり~~~とおおおお。
なるほど、大きくなったら、大きくなる方が多いって理由の一つはそこら辺りかのう・・・
などと、余計な事までワリと真剣に検討しちゃったりした二人でした。

食後は、中庭で休憩。
c0117239_8363427.jpg


さ~て。午後はカソリックの総本山、サンピエトロ大聖堂さ行ってみなくちゃね。
混んでるかな?そりゃあ、混んでるよなぁ・・・。
んでも、ここまで来たんだもの。入ってみましょう。そうしましょう。
と、ヴァチカン美術館をあとにしたのでした。チョ~ン。
ごめんね~。巻きたいンだけど、巻けないYO。



ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp


 

by urankkkao-ji | 2009-05-02 08:46 | ここではない何処か  

<< 荘厳! サン・ピエトロ大聖堂 ... ラファエロのスタンツェ:ローマ... >>