タグ:病気の話 ( 18 ) タグの人気記事

 

術後6ヶ月検診 その2 再発


さて。懸案の検査結果ですが。
有り体に申し上げますと、残念な結果でした。
イケメンH先生が学会でお留守なんだもんなぁ。←そこかいっ!
いやいや、そこじゃないそこじゃないっす。

血液検査の数値は以下の通り。
ALT(GPT) 130(前回83)  参考値17~78  肝細胞の障害または壊死
AST(GOT)   42(前回26)  参考値17~41  肝細胞の壊死
ALP      485(前回282) 参考値47~254 胆汁うっ滞性肝疾患、
                             副腎皮質ホルモン性肝障害

数値自体は術前術後に比べれば、たいした数値ではないのです。
んがっ。エコー検査の結果には、肝臓上部にはっきりとした病変部位が
写し出されていました。

「再発ということでしょうか?」
「はい」という短い会話のあと、
「胆嚢になにか影がみられます。結石かもしれませんがはっきりとはわかりません。
また、副腎のあたりにも病変がみられます。これもはっきりとはわかりません。
胸部レントゲンの結果は良好で肺転移はありませんでした。」

と、かわいらしい研修医の先生がエコー検査の画像を示しながら、ご説明下さいました。
再発・・・という言葉に頭の中が真っ白になったワガママン。
「すみません。もう一度ご説明いただけますか?」と、お願いする始末。情けねーーっ。
再度の説明を聞きながらも、先生の声はするすると頭の中を通り抜けてしまうのでした。

なにせ、H先生がご不在なので今後の対処方法やら治療方針やらのご説明がいただけない。
優しく丁寧なご説明でしたが、明るく前向きなH先生の声のトーンに含まれる
「たいしたことないっすよお、ダイジョブ~」という響きが感じられない・・・・。

これまで順調すぎるくらい順調だったので、正直凹みました。
「今後の方針についてはHが帰り次第お電話にてご連絡いたします。
次回の診察予約もそのときにさせてもらってよろしいでしょうか?」
先生からはいつ頃ご連絡いただけるのでしょうか?
「週明けにはお電話できると思います」
わかりました。どうもありがとうございました。
と、放心したままネムロを抱えて診察室を後にしました。

頭の中が霞がかかったようにぼんやりとしていました。
ほどなくエコー検査のためにすっかり腹部分を毛刈りされたカレが待合室に
連れられてきました。チッコしたそうに騒ぐので、お会計の前にチッコをさせに
外にでました。
c0117239_821063.jpg











やっと、終わったじょ・・・。なオレ。

お疲れさんだったね、カレよ。お会計が済んだらすぐ帰れるからね。
帰りにはもう少し駐車場をお散歩しようね。

そういえば、「今すぐ手術が必要な状態ではないですが・・・」ともおっしゃられた
気がするし、H先生からお電話がくればもう少し詳しい状態についてのご説明も
いただけるだろうしね。
ぼんやりしながらも、気持ちを奮い立たせるようにそうジブンに言い聞かせていました。
術後の説明でも肝細胞癌は再発しやすいと言われてはいました。
カレの場合は大きな静脈に絡みつくように腫瘍が大きくなっていたので
完全切除は難しかったのだっけな。
なので、再発した場合の戦略はH先生がきっとお持ちのはずだもの。
待合室にもどりながら、頭の中はぐるぐるといろんな思いが駆け巡っていました。
お会計を済ませ、爽やかな初夏の駐車場をお散歩しました。

c0117239_9151841.jpg










兄ちゃん、なにがあるでつか?
アタチも匂うでつ。


c0117239_757521.jpg











兄ちゃん、あっちに行ってみるでつか。
アタチも~~。

c0117239_9223092.jpg










ネムロ・・・・。
くっつかってくるなよおお。

c0117239_9212478.jpg










兄ちゃん、好き好き~。
くっつくでつー。


このコたちのために、
薄ぼんやりなどしていてはいられない。

c0117239_759367.jpg







カレよ。
とうちゃんもかあちゃんもネムロも
ついてるからね。

H先生もスタッフのみなさまも
ついてるからね。


治療方針が決まらないことが不安でたまらないけれど、凹んだままじゃいかんもんね。
飼い主の不安がワンコに伝わるんだからしっかりしないとね。
少々のことではびくともしないくらい脂肪を蓄えておいてよかったね、カレよ。
どんな治療が待っているかわからないけれど、一緒にばんがって行こうね。ね!

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           再発なんかに負けないぞ!のカレに^^。                       
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!
           ありがとうございました。

※へたれなワガママン、ぼっきりきりきり心が折れて、寝たきり土曜日を過ごしましたが、
  なんとかリカバリました。励まして下さったみなさまありがとうです。
  黙って夕食を作ってくれた先達にも感謝。とうちゃん、いつもありがとう。

================================
☆被災地に取り残された動物たちを救うために、今できる事。
署名はこちらで。
webから署名できます。

☆エキサイト地震関連情報まとめリンクは こちらで。
☆日本赤十字社 東北関東大震災義援金の受け付け口座はこちらで。
NPO法人ARK 東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちへの支援はこちらから。※郵便振込、カード決済が可能です。
緊急災害時動物救護本部のサイトです。「義援金募集」「支援物資」「動物の一時預かり」「動物保護シェルターでの動物の世話」「動物や物資の輸送・運搬」などのボランティア募集についてはこちらから。

☆NPOが結ぶ人から人への支援、「TASUKI PROJECT」はこちらで。
 最新情報はこちらのツイッターでご確認ください。

☆blog「せかニャ!」猫さん関連情報→東北関東大震災 田代島/網地島 被災状況サマリ

☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。

☆「チーム富士丸@仙台窓口」活動中。  
支援物資は日付指定11日、22日での受け入れになるとのこと。
支援物資詳細については丸君のところで確認しましょう~^^。
連絡・相談にお時間を割かれる富士丸とおちゃんさま、
現地での仕分け、配送活動にご尽力下さる玉能さま、スタッフの皆さま、
ありがとうございます。どうぞ宜しくお願い致します。

☆被災地に取り残された動物たちのために活動中。→ 「犬猫救済の輪ブログ」さま

by urankkkao-ji | 2011-06-12 09:47 | ネムロとカレ  

七海ちゃんのこと

少し前から不調を訴えていた先達がついに昨日、熱発した。
c0117239_10492068.jpg
とうちゃんが風邪ひいたでつ。

すわ!インフルエンザか???と、心配したが、
ボルタレンを服用したところやや熱がひいたとのこと。
インフルエンザではなかったようだけれど、まだ、すっかり熱が引くまでには至らない。
疲れたところにもってきて、悪い風邪をもらったらしい。

インフルエンザの特効薬といえばタミフル。
効く型が限られている事と、子どもへの投与に注意が必要な事を除けば、
効果は覿面らしい。
(我が家はダレもインフルエンザにかかった事がないので効能のほどは伝聞)
予防接種の普及に加えて、タミフル以外にもリレンザ、イナビルといった薬が次々認可され、
インフルエンザへの備えは着々と整備されてきている。それはとても有り難いことだ。

蔓延しやすく、抵抗力のない人々の命を奪う危険性がある伝染性の病。
それに関する研究に国家が力を入れるのは妥当なことであり、
必要欠くべからざることでもある。

では、極めて稀な病気に関してはどうだろう。

ここにコメントを下さるごえもんのオカンさまのお知り合いに、
大坪七海ちゃんという中学二年生の少女がいらっしゃる。
国内で20名ほどしか診断のついていないニーマンピック病C型と闘いながら、
お母様の介護のもと、日々を懸命に過ごしていらっしゃる。

ごえもんのオカンさまのコメントは、以下の内容だった。

オカンもこの機に書かせて戴けたらと思うことがあり、少しづつかかせて貰ってもいいかな?
それは希少難病ニーマンピックC型(乳幼児期発症型)の大坪七海ちゃん(中二)という女の子の事です。

七海ちゃんの確定診断は二年前、専門医が数える程しかいないので特定が難しく、診断が遅れるのです。
人間の体を造る細胞は脂肪を取り込み排出する代謝をしますが、この脂肪排出がされず細胞内に蓄積されると細胞が死滅、脳細胞でこれがおきるのがC型の特徴、簡単にいうと脳が萎縮するため、失語、嚥下呼吸障害、身体麻痺、肝機能障害、知的機能後退、脳の損傷で起き得るあらゆる症状が何時どんなふうにおこるか特定はできません。
家族の苦しみは計り知れないのに、特定疾患にも指定されていない厳しい現状を
少しづつ知っていただけたらと思うのです。

七海ちゃんの病に効く薬は国内無認可、試験使用にも製薬会社の提供が必要ですが、
幸いにも使用はできる代わりに治験データを提出、但し治療費は自己負担、ワンクールの表は三百万超え、医療の補助が不可欠、でも特定疾患にならなければ援助対象にはなりません。

一方症状は進む、胃瘻、気管チューブ、酸素チューブ、バイタル電子表示装着、
お母様の介護は一晩中です。でも、毎日支援学校に行ってます。
その間に特定嘆願、治療法の探求、薬物の認可嘆願を模索せねはなりません。

命が何時まで持つのかは不明ですが、命あるうちにそれら全てを手配するのは
容易ではありませんが、お母様は前向きです。
やらずに後悔するより、為すべきこては全てやって後悔するほうがいいとの境地に
なっておられますが、長い道程の果てにたどりついてます。
治療はあくまでも現状維持に効果があるのみでも、
疾患、障害重い人にとってはこれが治療です。リハビリです。
治る、回復は見込めませんが、それでも生きていかねば。

しかし、治らぬのに、そこまでする必要あるのか?
現実を受け容れられないだけじゃないか?

と誹謗の声を浴びせる方もいて、本当に悲しい。
皆様はどう思われますか?聞いてもいいですか?


この記事をお読みの皆さまはこの問いをどう受けとめますか?

ワタシはごえもんのオカンさまに、こうお返事した。

命のともしびが灯っている以上、最善の治療を受ける、最高の医療を受けられる権利が
誰の上にも平等にあるはずです。
そんな誹謗の声は聞き流して下さい。
七海ちゃんの一日一日がより過ごしやすいものとなる事への努力に
なんの遠慮がいるのでしょう。
国内に僅かしかいない希少難病だからと、手をこまねいていては、
それこそニーマンピック病の治療研究への道は閉ざされてしまいます。
当事者が声を上げる事、そしてその声を支援する輪を広げることが薬物の認可や
難病指定へと続くのだと信じます。

長い道のりですが頑張りましょうと、
七海ちゃんとお母様にお伝えくださいませ。と。


七海ちゃんは今、新たな治療を受けるために鳥取の病院まで、でかけていらっしゃる。
お母様のご心痛やご苦労、先の見えない不安はいかばかりだろう。

この記事を読んで下さった皆さま。
難病と闘っている大坪七海ちゃんとお母様に
大きなご声援とご理解を、どうぞよろしくお願い致します。


c0117239_1202063.jpg

七海ちゃん、お母様、同じ病に苦しむ方々、
がんばれーーーっ!


望ましい治療効果が出ることを北の地よりお祈りしております。
病気の詳細と現状についてはこちらを→「ニーマンピック病C型患者家族の会」
c0117239_1520124.gif



←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           インフルエンザの特効薬イナビルは吸引一日で効果覿面らしいです。
           そんな効果が七海ちゃんにも顕れますようにと、祈った方も願った方も。 
                                                                   
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございました。


☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。

by urankkkao-ji | 2011-02-10 12:05 | 病気の話  

定期検診 2011.1.7

本日の予想最高気温は-6℃。
しかも吹雪・・・・・・・・・。ではありましたが、
H大動物病院に術後1ヶ月の検診に行って参りました。

c0117239_174938.jpg













すましているオレ。


病院に着いて受付をすませ、ホッと一息ついたワガママンを尻目に。
そこら中を匂いまくる2ピコ。

c0117239_1751587.jpg











なんだか随分落ち着きがないわ・・・と、思っていたら、
いきなりカレがベンチの上でウンタスタイル!驚くネムロ。

ひぃーーーーーーっ!
ポケットのティッシュを取り出そうとするも間に合わず、
こんもりウンタさんをなさってしまったカレ。

・・・・・・・・・。今度はおまいかえ。すぐさまティッシュで拾って、受付のおねいさんに
すみません。シュッシュ(←消毒のスプレー)貸してください(汗っ)と、頼むワガママン。
「オシッコしちゃいましたか?」いえ・・・ンコです。すんませんすんませんすんません。
「大丈夫ですよ。今、行きますから」と、消毒セットを持って受け付けから出てきて、
丁寧にシュッシュして下さるおねいさん。ありがとうございました。

前回はネムロ・・・。今回はカレ・・・。あああ。どうも申し訳ありませんです。

予約時間は10時。雪のせいで5分ばかし遅れちゃったけれど、
意外に早く名前がよばれました。
今日はちゃんと聞き逃しませんでしたよ^^。
2ピコをワシワシと抱えて6番診察室に向かいました。

入院中にお世話になった研修医の先生に、これまでの状態を報告しました。
クリスマス頃は調子を崩してかかりつけ医の先生を受診したこと。
下痢止めと抗生剤をもらってのませていること。
28日くらいからモリモリ元気になって、食欲も旺盛なこと等々。

先生はふんふんと頷きながら、カルテに記入しておいででした。
血液検査の結果なども一応お見せいたしました。

「それでは、今日は血液検査と術後の検診ということでよろしいでしょうか」
はい。どうぞよろしくお願いいたします。
「それでは、お預かりします」←先生方の決めぜりふ^^。
待合室に戻るネムロとワガママン。

結構早く呼ばれたし、今日は意外と時間がかからないかも・・・などと
考えていたら、研修医の先生が待合室においでになって
「検査に時間がかかると思いますが、大丈夫でしょうか?
もし、ご用がありましたら外出されてもかまいませんけれども」と、
わざわざ知らせてくださいました。優しいですのう。
天気もこんなですから(吹雪)、ここで待たせて戴きます^^。と、ニッコリ答えるワガママン。

金曜日の動物病院は意外と空いていましたが、
またもかわいいちゃんに会えましたよ~。

c0117239_18181767.jpg











ナナちゃん。3歳の女の子(ミックス)。
ふっかふかでとっても毛並みがキレイなの。
ネムロとすっかり意気投合。
c0117239_1821258.jpg








吹雪だわ。byナナちゃん


吹雪ってなんでつか。
たべられるでつか。
byネムロ


あら、新入りがきたわよ。
c0117239_18252591.jpg












ホントでつ。

c0117239_18283479.jpg










ナナちゃん、
仲良くしてくれて、
嬉しいでつ。



よかったね。ネムロ。かあちゃんもナナちゃんのおかーさんと
お話ししながら待っていられたから、よかったよ。

12時を少しまわったころでしょうか。
ナナちゃんは診察を終え、それからお薬をもらって帰ってゆきました。
どうぞお大事にね~。

その次に仲良くしてくれたのは、このコ。
c0117239_18343546.jpg












ポチくんは、北海道犬そっくりのミックス犬。12歳。
某ケータイCMのお父さんに、良く似ていました^^。
c0117239_18375997.jpg











ネムロにchuってしてくれました。
気の良いポチくんも先に帰りました。
ちょっとたいくつになったワガママン。
ネムロをスリングに入れて二人でうたた寝・・・・。


カレが検査を終えて待合室に帰ってきたのが、13時30分。
c0117239_1841157.jpg







疲れたオレ。

・・・・・・・・・。

ねむいーー。




うんうん。お疲れさま。あとはイケメンH先生のお話しを聞いて、
お会計をしたらオシマイだからね。
もう少し待っててね。
ワガママン作スリング、大活躍。
カレとネムロの二人抱っこが可能なのですよ、スリング。
でも、入っているのはネムロ(笑)。

14時少し過ぎにカレの名前が呼ばれました。
お世話になったイケメンH先生が今日の検査結果を説明して下さいました。

「エコー検査の結果、残った肝臓が大きくなっています。
腫瘍は認められません。(きゃあ!嬉しい!!・・・ワガママン心の声)
ただ、胆嚢になにかが浮いているのが認められます。
それ程気にする必要はないと思いますが。
体重は、5.25kg。少し増えてますね」

血液検査の結果はいかがでしょう?

「ビリルビンの数値は0.4(正常値0.1~0.5)で非常に良いですね。
白血球は17300(正常値6000~17000)です。」

おおお。ぶらぼおおお~!

もう、抗生剤は飲まなくても大丈夫でしょうか?

「必要ないと思います。若干貧血気味ですので、栄養をいっぱい摂るようにして下さい」

肝機能を示す数値は以下の通り。

GPT(肝障害)    77(正常値17~78)
GOT(肝、筋障害)  28(正常値17~44)

肝臓が正常に機能していることが前回(2010.12.28)に続いて示されました。

良かった。良かったよ~~。
ALP(胆汁うっ帯性肝疾患)こそ、927(正常値47~254)と高めですが、
退院時は3500以上、2010.12.25は2327ですから、着実に下がってきています。
H先生から、特段の注意や説明もありませんでした。

「それでは、次回の検診日を決めましょう」と促され、4週間後の2月4日に
また、診て戴くことにしました。

c0117239_19171133.jpg







カレよ。
長い検査、
頑張ったね。

モリモリ食べて、
次回の検診の時には
先生をビックリさせちゃおうね^^。


←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           行きも帰りも吹雪だったけど。
           着実に回復してくれてるカレが嬉しいYO。
           スリングに入ってるネムロと。やらかしちゃったカレに(爆)。                                                       
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。


☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


お会計を済ませて外に出てみたら。

c0117239_1923450.jpg









案の定
ブラッキーは
雪にまみれていました。
おまいがっ!



こんな日に限ってエンジンスターターを忘れたワガママン・・・。
アタシのアホ~~~お~お~お~~~っ!←エコー(笑)

by urankkkao-ji | 2011-01-07 19:27 | ウチのカレ  

不調なカレ

昨日はクリスマスでしたね。イヴと当日、皆さまは楽しく過ごされたことでしょう^^。
カレはといえば・・・。なんとも不調で、イヴも昨日も病院がよい。

c0117239_7413931.jpg











兄ちゃん。どしたでつか。

c0117239_7452454.jpg











かあちゃん、兄ちゃん元気ないでつ。

そうなのよ。ネムロ。
兄ちゃんてば、お水も飲まないしなんにも食べないの。
と、一昨日より心配な雰囲気・・・・・・・・・。

いつもは6時半になったら「下に降ろせや!」と2階からオーダーがかかるのに
一昨日も昨日もいっこうに起きてくる気配ナシ。
様子を見に行くと、こんな感じ。

c0117239_749239.jpg











目覚めてはいるけども、朦朧とした感じ。
抱っこして降ろしても、飲まず食わずでヒーターにくっついてるのでした。
下痢ピーは良くなったのだけれど、吐き気と悪寒に襲われているようでした。

c0117239_7512910.jpg











アタチも一緒に寝るでつ。

かかりつけの先生の所が受診時間になったら、電話してみようね。
昨日も輸液して戴いたけれど。
飲まず食わずなので、戴いたお薬も飲めないしね。

と、いうわけでかかりつけ医に受診してきました。
一昨日は診察台の上でへたり込んでいたカレですが、昨日はいくらかましではありました。
ちゃんとお座りできていたしね。
先生のお顔にも動物看護士さんのお顔にも視線を向けることが出来ましたもの。

服用する事ができなかった分をお注射で。
c0117239_7581654.jpg













我慢強いオレ。


カレは病院ではとてもお利口にしていてくれるので助かります。
診察後に血液検査のために首のアタリから採血したのですが、
その際もピクリとも動きませんでした。エライね、カレよ。

続いて、輸液。点滴の方が良いけれど、カレの血管の状態が余りよく無さそうなので、
皮下輸液となりました。

c0117239_813820.jpg












ピクリともしないオレ。

血液検査の結果を先生が説明して下さいました。
「白血球数は、39900。22日の検査の時は65700でしたので、
正常値(6000~17000)に比べるとまだまだ高いですけれど、
およそ半分に減っています。」 
おお!嬉しや。

「肝臓の異常等の数値を示すGPTは90(正常値17~78)、
GOTは53(正常値17~44)と、やや高いとはいえ、
残った肝臓が正常に機能してくれているようです。」

「胆嚢の働きを示すALPは2327(正常値47~254)と、高いですが、
抜糸時の3500に比べると下がっています。
まだ、術後の肝臓、胆嚢に負担がかかっているのを示しています。」

ふんふん。とりあえず、肝臓は頑張ってくれてるし、
22日の検査結果より良好な結果と聞いて、一安心。

「これから年末にかかるので、注意深く様子を見ていて下さい。
今日帰ってから明日の朝までのようすなど、お電話してもらえますか」と、
暖かい声をかけて下さいました。

舐めるタイプの栄養剤と吐き気止めなどを戴いて帰ってきました。

帰ってくるなり、モリモリとゴハン(もちろん療法食はスルー 泣)を食すカレ。
もう、なんでも良いから食べたいモノを食べて~~~っなワガママン。
お肉と茹で上げパスタを抱っこ状態でバクバク食してくれました。よしっ。
満腹したカレは、そのまま抱っこ継続を要求。
しかるのちに。
c0117239_8272929.jpg











ダイニングの椅子で
寝こけるカレ。


c0117239_8282817.jpg










アタマが落っこちそう
だったので、
もう一脚
くっつけました。

ここはネムロの定位置。羨ましかったのでしょうかね~。
カレには初めてのことでした^^。

クリスマスディナーの準備をしている間中、カレはここで爆睡し、
テーブルセッティングを始めると、うるさそうにハウスに行ってさらに爆睡。
時々起きてはお水を飲み、チッコしながらも眠り続けました。

おかげさまで、今朝は随分元気になってます^^。
チーズコートのお薬をペっしたのは参りましたが、
お水もゴクゴク飲んで、ゴハン(←くどいですが療法食はスルー)も食しました。
ウン君も立派で、吐き気もおさまっているようです。

ふぅ~~~。血液検査の結果・・・嬉しいクリスマスプレゼント戴けましたぁ。ほっ。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           クリスマスを賑々しく過ごされた方も^^。
           静かに穏やかに過ごされた方も。
                                                                   
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           カレ、回復ちうでっす!嬉し^^。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。

by urankkkao-ji | 2010-12-26 08:42 | ウチのカレ  

クリスマス・イヴですね。
皆さま賑々しくお過ごしの予定でしょうか。
うちんちは明日あたりにご馳走など食そうかと目論んでます。えへ。

ネムロからひとこと。

c0117239_6758100.jpg











メリクリでつ。ケーキまではのぞまないけど、オヤツほしいでつ。

オヤツ(ジャーキー類)はカレに隠れてコソコソだもんね。
もう少し待ってね。
さて、22日に無事抜鉤(ばっこう)を済ませたカレですが。
(抜鉤というのですね。ぼろ屋のマミイさまのコメントで知りました。どうもね^^)

before
c0117239_645926.jpg


















after
c0117239_6115016.jpg










きれいな傷跡でしょ。
H先生、腕は確かとみた。
↑なにげに上から目線な
罰当たり(笑)



この頃の手術は糸ではなくて針(ホッチキスのような)で止めてあるのですね。
わんこだけじゃなくて、ヒトさんもそうなんですって。
戴いたコメントで初めて知りました。(ぶらんぼうさまどうもね^^)
だって、朝田龍太朗(字あってる?笑)だって、ゴッドハンドで縫合してたからさ。

で、その針というのが、こちら。
c0117239_62158100.jpg











どうやら、自力で一本抜鉤したらしい・・・・。

ひーっ。

でも、この小さな小さな針がカレの傷をしっかりくっつけてくれたんだね。
なんだかとてもありがたいな。
お守りにしてとっておきたいな。←でた!捨てられないオバケ(笑)。

抜鉤を終えて玄関を出ると、外は雪が降っていました。

c0117239_6281748.jpg











ネムロは玄関前でチッコ^^。
鼻にも雪が降ってます(笑)。

今朝もしんしんと雪が降り積んでいます。
今年のホワイト・クリスマスはカレの回復が一番のプレゼントかな。
懸案のお腹ピーも、下痢止めが効いたのかお芋が効いたのか、
少しずつ回復傾向です♪嬉し。

しかも!

昨日嬉しいお届け物アリ!
c0117239_6352447.jpg
















ブロとものお地蔵さん♪さまからの退院祝い。
ぬくもりいっぱいの色紙に、ワガママン感動~~~。
いつも心にかけて下さってどうもありがとうね。
ずっと一緒・・・・。うんうん。ほんに。
お忙しいのにどうもありがとうございました!
これからもよろすくね。えへ。

みなさまからの暖かいお祝いパワーもしっかり受け取ってますえ。
嬉しい嬉しいクリスマスイヴ。
今晩は納豆ゴハンかもだけど、最高にシアワセなイヴになりそうです^^。

皆さまもどうぞステキなイヴをお過ごし下さいませね~♪
H先生&スタッフの皆さまは・・・・。イヴもなんもないんだろうな。
激務だもんなぁ・・・。お疲れさまでございます。
クリスマス返上の激務な皆さまにも、ふぁいとおお~^^。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           カレの傷を支えてくれた小さな小さな針に。
           チッコのときもカメラ目線は外さないネムロに(笑)。
                                                                   
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


☆写真展終了
 SONEさまの写真展が昨日盛況のうちに幕がおりました。
 SONEさま、お疲れさまでした。皆さまにたくさんの感動をありがとうございました。
 
c0117239_752229.jpg

Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんの写真展は惜しまれながら昨日終了いたしました。
詳細はこちらで♪

by urankkkao-ji | 2010-12-24 06:51 | ウチのカレ  

抜糸

昨日、カレの抜糸のためにH大動物病院に出かけてきました。
予約時間は11時。
少し早く到着できるように家をでました。

翌日が祝日のせいでしょうか。動物病院はとても混んでいました。
いつも座っているベンチはいっぱい。
壁際のスチール椅子で待つ事に。

c0117239_7565284.jpg











兄ちゃん。混んでるでつ。

c0117239_758459.jpg











かあちゃん、混んでるでつってば。

そうだね。混んでるねぇ。かかりつけの先生から紹介されたわんこさんやにゃんこさんが
いっぱいだねぇ。

c0117239_802958.jpg




パグのチョキちゃん。
9歳。めんこいじょ。
お耳の片方は
手術で中が閉じられていました。

でも、元気^^。
少し体格の良いチョキちゃんは
11kg。



うーん、抱っこするのは大変ですね^^。と、
飼い主さんとおしゃべりするワガママン。

c0117239_8327100.jpg











たいくつでつ。ね、兄ちゃん。byネムロ
まぁ、待てや。byカレ

お腹の調子も悪く、すぐグッタリと横になるカレ。
早く診察に呼ばれるとイイねぇ。

c0117239_88166.jpg








ベンチがあいたでつ。
移ってきたでつ。

広くてラクチンでつ。
ね。兄ちゃん。


c0117239_892515.jpg











・・・・・・・・・・・・・・。兄ちゃんくつろぎまくり。

と、グッタリしていたカレにいきなり異変が!
入ってきたワンコさんに猛烈アタックを始めるカレ。
さっきまでのグッタリ加減はどこへやら、
わんこさんの後(主に尻)をついて回って、匂いまくるカレ。
あああああ。常に色気が勝るんだねぇ、カレよ。

んでもさぁ、身の程っつーの?身の丈っつーの?を知って欲しいワケ。
てか、乗れないから。絶対無理だから。
だって、カレがこれまでにないくらい執着を見せた相手はこちら。

c0117239_8152236.jpg











ハスキーと北海道犬(飼い主さんがこう言ったからね)のミックス。
カツ君。12歳。
・・・・・・・・・。オトコのこ。しかも大型犬。
2歳からこちらの病院にかかっているカツ君は悪性リンパ腫を克服し、
緑内障で左目が義眼。昨年脾臓に悪性腫瘍が見つかって切除しているとのこと。
とっても気のイイコで、めちゃめちゃフレンドリー。
モフモフ感が、もうたまら~~ん。
ワガママンてば、あのコを思い出しちゃったYO。
脾臓の癌は摘出したけれど、再発、転移予防のために
抗ガン剤を服用中とのこと。2週に一度こちらに通院ちう。

予約時間を随分過ぎた頃、カレの名前が呼ばれました。
カツ君にアタックしまくるカレを引きはがして、診察室に向かいました。
引きはがすのにむちうで、何番診察室かも聞き逃したうっかりハチべーはワタシです。

覗きこんでは、違います!と、いわれつつやっと診察室に到着しました。ヤレヤレ。
そこには入院中もお世話になった研修医の先生がいらっさいました。
まず、退院後の状態説明をするワガママン。
吐く事は無いけれど、下痢ピーがおさまらない事。
震えながら寝ている事が多いこと。
お腹が緩いので療法食をあげているけれど、あんまり食べないこと。等々・・・。

先生は、ふんふんとお聞きになりながらカルテに記入して、
「それでは、今日は針を取って(抜糸のこと)血液検査をしますね。
結果が出るまで、待合室でお待ち下さい。
ちょっと時間がかかるかもしれませんが、大丈夫ですか?」と、
お気遣い戴く。やさしいのう。
大丈夫です。よろしくお願い致します。
「では、お預かりします」←先生方の決めぜりふ(笑)。

と!パッパラパーネムロってば。あろうことか
診察室内にて、脱糞。
きゃーーーーっ!

先生は「大丈夫ですよ。こちらでやっておきますからイイですよ^^。」と、優しくおっさいました。
スミマセンスミマセンスミマセン。
スゴスゴと診察室を出て待合室に戻るワガママン。
恥ずかしくて大汗かきましたがね。ふーっ。
カツ君のおかーさんに「このコったら診察室でンコたれちゃったのお~」と、報告。
重病で通院しているコが多い待合室に皆さんの笑い声が響きました。えへ。

カレが処置してもらっている間もなんやかんやと我が子の病気自慢(笑)。
手作り食の工夫とか、抗ガン剤の投与方法とか参考にナルお話も沢山聞けました。
待ち時間が短く感じられた事が一番の収穫でもありました。
カツ君さわり放題だしね。えへ。

14時少し前に、カレの名前が再び呼ばれました。
何番っていった?何番っていった?と、まわりにまたも確認するワガママン。
どこからともなく、6番でーす!と、教えてくれる声。ありがたや^^。

6番診察室にはお世話になったイケメンH先生がいらっさいました。
手術や入院中はお世話になりました。今日はお忙しいのですね。とご挨拶。
「今日はちょっと混み合いました」と、先生。

「術後2週間以上経ちましたので、傷口の針をはずしました。
血液検査の結果、肝臓の機能は問題ないようです。
ビリルビンの数値も0.7(正常値0.1~0.5)と下がってます。」

おおお。ぶらぼおお!
退院前の月曜日には5.4に跳ね上がってビックリだった数値が
正常値よりやや高いとはいえ、こんなに下がってる。
と、欣喜雀躍するワガママン。

「白血球の数値は高いですが、まぁ、術後ですからね。
調子はどんな感じですか?」

食欲はあるようですが、一度に沢山は食べられないようです。
下痢がおさまらないのでかかりつけの先生から下痢止めを戴いて、
昨日から飲ませたところです。と、状況をお伝えしました。

「ふーん。体重が減っています。今日は4.98kgでした。
療法食をたべなくなったのなら、食べられそうなもの、以前のゴハンに変えてもいいです。
術前は6kg以上あったので、とりあえず体力回復のために体重増加を目指して下さい。」
と、おっさいました。

抗ガン剤とかは・・・?と、おずおずお聞きすると、
「まだ先の話ですね。今は術後の静養状態ですから。
次回に来た時も下痢がおさまっていなかったら違う下痢止めをお出しします。
体力回復を目指しましょう」とのこと。

了解でございます。どうもありがとうございました。
あ。血液検査の結果をいただけますでしょうか?←かかりつけの先生が見たいそうなので。
と、お願いすると気軽に渡して下さいました。

次回の診察日を1月7日と決めて、診察室を後にしました。

白血球数・・・・・・・・・。65700て。←正常値6000~17000
抗生剤も飲まなくてダイジョブなんだろか・・・と、ちと思いましたが、
長い入院中に十分投与されていたはずだし、必要なら先生が処方してくだるはずだし。
と、待合室に戻ってお会計を済ませました。

カレの大好きなカツ君は診察室に入っていて、カレは会えませんでした。
残念だったね。かわりに、カツ君のおかーさんに撫でてもらい、カツ君の
残り香を堪能していました(笑)。ついでに、カツ母にバンザイ姿を支えてもらいました。

抜糸というよりは、針(ホッチキス・・・ステープルつうの?のような感じ)を外してもらったカレ。
(キョワイ方、得意でない方は素早くスクロールしてね)

c0117239_975838.jpg








ちょこっと滲んだ血。
がんばったね。

サッパリしたかい?
カレよ。
お疲れさま。



今度来るまでに、もう少しDBになってなくちゃね^^。
うーん。初めての展開だねぇ。太る事が課題とわ・・・。
・・・・・・・・・。う、うらやましかーーーーーっ。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           動物病院で出会ったカワイイ面々に。
           抜糸を頑張ったカレとやらかしちゃったネムロに(笑)。           
                                                                   
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。



☆写真展開催中
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^。
いよいよ本日までですよお~~!お急ぎ下さい~~!

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展を開催されています。
詳細はこちらで♪

by urankkkao-ji | 2010-12-23 09:22 | ウチのカレ  

おかえり

カレの退院に際して、沢山のお祝いコメントをありがとうございました。
カレもうちら一家も感謝感激でございます^^。

c0117239_16483572.jpg










先達に抱っこさって、
満足なカレ。
inH大学動物病院
待合室。

H先生、スタッフの皆さま本当にお世話になりました。

戴いた療養食を抱えて待望の帰宅。術後10日ということで、エリカラも無し。
ぶらぼおおお。んがっ!
はらぺこグマと化したカレは、いきなりネムロの食べ残しのカリカリに突進。
・・・・・・・・・。あああああああああ。
取り上げる隙もなくガツガツ食すカレ。
ヒーーーっ。
今、美味しい療養食をあげるから。

c0117239_16523352.jpg











療養食とはこちら。
肝臓病のワンコさん用ヒルズの缶詰め
この缶詰めは、カレの体重からいくと一日一缶あげるらしいのですが、
長い絶食状態から復帰ちうという事もあって、半量を5回に分けてあげるように
指示がありました。

お皿に出す間も、カレの抉るような視線が感じられました。
はい、どうぞ~。

c0117239_1658752.jpg
ガツガツなオレ。
ものっそい勢いで食すためにアタマ辺りがブレブレ。うふふ。
食欲があるッてなんて嬉しいんでしょ。
食べてる姿を見るのもシアワセ~~♪なワガママン。
なのに、あっという間に食すカレ・・・。

c0117239_1714565.jpg
もっと!なオレ。

あのね。いっぺんに沢山は食べられないんだよ。
少しずついただこうね。
と、言い聞かせても納得のいかないカレ。
いつもなら、見向きもしないネムロのカリカリが載っている
キッチンのところに座り込んで吠えまくるカレ。
・・・・・・・・・。ここは、我慢だから。ね!ね!
ネムロも一緒にオヤツ抜きで頑張るから。ね!ね!

c0117239_17575167.jpg












ううう。
アタチもでつか?



仕方なく、リビングでまったりするカレ。
c0117239_177572.jpg


こちらも食事を摂って、夜9時頃に寝る前のご飯をカレにあげました。
ミルクも少しね^^。←お許しはいただいてますえ。

それにしても、ウン君を我慢していたのでしょうか。
ご飯の度に、お水を飲む度に、もちろん散歩のときも。
出るわ出るわ出るわ。
立派なウン君なので心配はないのでしょうが、あんまりウンタスタイルに入るので、
いつ下痢ピーに変わるかとちょっこしヒヤヒヤでした。
(尾籠なハナシで失敬^^)

そして、お休みの時間^^。
久しぶりにカレと一緒にぬくぬくしましょ。と、ワガママンも早々に寝る事に。えへ。

いきなりですが、問題です。
これはナンでしょう?
c0117239_1714948.jpg











c0117239_1717126.jpg











ぼ、ぼろ雑巾・・・?

c0117239_17181398.jpg






ブブーっ。
カレの後ろ姿です。
知らないヒトが見たら、
モップかぼろ雑巾にしかみえない
カレの後ろ姿を
何枚も撮るワガママン。
えへへへへ。
シアワセ。

安心して横で眠るカレを眺めながら、ワガママンもぬくぬく眠りにつきました。

c0117239_17204999.jpg











毛刈りされたお腹・・・。
頑張ったね、カレよ。安心してゆっくりお休み。

ここにこうして帰ってきてくれて、ありがとう。
ゆっくり、ゆっくり、元気になろうね。


←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           ワガママンのベッドで安心して寝入るカレに。
           カレが二階にあがるまで、オヤツ禁止に付き合わされてるネムロに。
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


☆写真展絶賛開催中
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^。
休館日にご注意してお出かけ下さいませ~♪

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展を開催されています。
詳細はこちらで♪

by urankkkao-ji | 2010-12-19 17:41 | ウチのカレ  

退院

カレやうちらを励まし、応援して下さった皆さま。
暖かく見守って下さった皆さま。
本当にありがとうございました。

おかげさまで、昨晩無事退院いたしました。

H大獣医学部動物病院のイケメンH先生、
並びに優しくお世話して下さったスタッフの皆さまに
心より感謝申し上げます!

実は、一昨日面会した折、
「流動食から缶詰めに変えてみて、状態が安定してるようなら明日退院もあります。
嘔吐や下痢、血液検査の結果に特変があればもう少し様子見・・・ということもありますが。
状態が変わったらご連絡します」
と、H先生から嬉しいお言葉をいただいていたのでした。

退院説明のお約束時間は午後4時から5時。
昼過ぎまで、変更の連絡がありはしないかとドキドキしておりました。

14時過ぎに先達からメール。「病院から連絡ありましたか?」
今のところないです。退院できそう。と、返信すると、
「一緒に行けそうです。16時過ぎにオフィスで。」と返ってきました。
なので、ネムロと先達と一緒にカレを迎えに行く事ができました。

c0117239_7182073.jpg

診察室につれてこられたカレは、元気いっぱいでした。
すんごい勢いでしがみつくように抱っこさりました^^。
奥においでなのが、優しいスタッフさん。おそらく研修医さんでしょう。
きっと、ステキな獣医さんになられることでしょうね。お世話になりました^^。

c0117239_7255373.jpg

退院説明を一緒に聞くカレ♪
ここにお訪ね下さる全国の皆さまから人気うなぎ登りのイケメンH先生だよ~~~。
きりりとしたお口もとだけでカンベンしてね^^。←これもマズイかな(汗っ)

H先生、本当にお世話になりました。
休日返上でのcure&care、
どんなに心強かったかしれません。
心より感謝もうしあげますうううう。


術後一週間というもの、お忙しい中毎日のように電話でご連絡をくださったこと、
不安のオバケを抱えるうちにはどれほど嬉しかったことでしょう。
H大方面に金輪際足を向けて寝られませんですYO。

先達が、今後どう過ごすことになるのでしょう?とお尋ねすると、

「肝臓癌は再発率の高い癌です。カレくんの場合も取り切れていない分、
治療しなくてはならない転移や再発が予想されます。
それが、どのくらい先か・・・ということは分かりません。

抜糸の時の血液検査結果を見て、今後の方針が決まると思います。
1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と数値に異常がなければ1年毎の経過観察ということも
ありますし、再発や転移を防ぐための一種の抗ガン剤を服用することになるかも
しれません。抜糸が済んだ時に、詳しいお話が出来ると思います。」
と、おっしゃいました。

ヒトさんと同じだねぇ。腫瘍マーカーを測りに検査に通った日々を思い出しました。

「療養食を3日分お渡ししますので、少しずつ何度もあげるようにして下さい。
おやつも控えてくださいね。」と、やさしくおっしゃいました。

・・・・・・・・・。ネムロや。アンタもおやつ抜きでがんばろね^^。

「それでは、療養食をお渡ししますので、待合室でお待ち下さい」とおっさる先生に、
一同深々~~と、頭を下げて診察室を後にしました。

c0117239_754424.jpg
離れないオレ。

療養食を戴き、会計を済ませました。
会計して下さったおねいさんは動物看護士さんのようでした。←時間外だからね^^。
優しく「元気になって良かったねぇ、カレくん。」と、アタマを撫でて下さいました。
カレの名前は少し変わっているので、皆さんがすぐ覚えて下さったことも
なんか嬉しかったです^^。←anytime親バカ

病院の玄関を出ると、雪で真っ白な駐車場でカレは勢いよくチッコしました。
ネムロもしました。すかさず、カレが上書きしました。
うふふふ。いつもの光景だわ。うふふふふ。

家に向かっている間も先達が買い物に寄っている間も、
カレは車の中で何度も吠えました。
その度におうちに帰るんだよ、もうすぐだよ。と、声をかけました。

ほら、着いた。帰ってきたよ。良かったねぇ~~~~。
ぬいぐるみのようにねんねした姿を見た時は、正直ダメかも・・・って思ったよ。

でも、頑張ってくれてホントにありがとうね。

目をやるとそこに、カレがいる・・・・・・・・・。
なんてシアワセ。

ここに、こうしていてくれるシアワセが、
なるべく長く続きますようにと願わずにはいられナイ夜でした。

腫瘤を見つけてくれた夜間動物病院の先生に、ありがとう。
H大学動物病院をすぐに紹介して下さった主治医の先生に、ありがとう。
5時間に及ぶ難手術を敢行して下さったH先生に、ありがとう。
お世話してくださった、研修医さんや動物看護士さんに、ありがとう。
供血してくれたわんこさんに、ありがとう。

そして、カレのために祈って下さった皆さまに、ありがとう。
ヘタレなうちを励まし続けて下さった皆さまに、ありがとう。

c0117239_8183630.jpg
まったりなオレ。


←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           本当にご心配おかけしました。
           支えて下さってありがとうございました。
           5時間の手術に耐え、無事に戻ってきたカレに。
           難手術を成功させて下さったH大のイケメンH先生とスタッフの皆さまに。                                                        
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。





☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


☆写真展絶賛開催中
連日ご盛況のようですね。おめでとうございます。
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展を開催されています。
詳細はこちらで♪


※リコメントが滞っております。訪問にてお礼に伺っております。
 どうかご容赦くださいませ。

by urankkkao-ji | 2010-12-18 08:26 | ウチのカレ  

回復

カレのために祈って下さる方々。励まし、応援のメールやコメントを下さる皆さま。
温かく見守って下さる皆さま。本当にありがとうございます。
皆さまに励まされ、支えられてうちら一家はカレの手術や
術後の不安定な日々を乗り切る事ができました。心から感謝します。

カレの状態を慎重に見守り、cure&careして下さったH大動物病院の
H先生、並びにスタッフの皆さまに、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

c0117239_7285719.jpg














抱っこするのだ!
なカレ。




ICU室に入って行くとカレは相変わらず爆睡ちうでした。おいおいおい。
でも、うちらに気づくのが格段に早くなってました^^。

c0117239_7312131.jpg
ぴとーっとくっつくオレ。

「状態はとても良いです。今朝から流動食をあげてますが、吐いていません」
と、お忙しい中外出から戻って面会に立ち会って下さったH先生。
流動食を数回に分けてあげているため、自らご飯の用意をして下さいました。

それまでネムロ(の尻)にむちうだったカレの視線は、先生の手元に釘付け。
おお、食欲が戻ってきたんだね。ハレルヤあああ!
そっとケージにごはんを入れてもらうと、脇目もふらずに食べ始めました。
(飲み始めました・・・って感じでしょかね^^。)

c0117239_738559.jpg

おおお。飲んじょる飲んじょる。飲んじょるよおお。

c0117239_74243100.jpg
なくなっちゃった。もっと!なオレ。

ああっという間に完食。良かったねぇ、カレよ。

H先生は、「あげたら、もっと食べるとは思うのですが慎重にあげています。
これで吐かないようなら、明日は固形食(缶詰め)をあげてみようと思います」
と、おっしゃいました。

吐き気も下痢もおさまったカレ。
おかげさまで、流動食をモリモリ食べるまでに回復してますよおおお。
固形食が食べられるようになったら、退院も間近。

ぶらぼおおおおおおお!

c0117239_748933.jpg
ご飯も食べたし、帰る気満々のオレ。

もう少し、もう少しの辛抱だから。
こんなに元気になってくれてありがとうね。

H先生、スタッフの皆さま。
長いこと手厚くお世話して下さって、ありがとうございます。

カレ、もうすぐ帰ってこられそうですよ^^。うふ。うふふふふ。
支えて下さったすべての方々に心から感謝します。
ありがとおおおおおお。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。いつもありがとうございます。
           イケメンH先生とスタッフの皆さまに。
           カレのこれまでの奮闘と意外と図太い神経に^^。
                                                             
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。




☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


☆写真展絶賛開催中
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^。

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展を開催されています。
詳細はこちらで♪


※ご訪問、リコメントが滞っております。今しばらくご容赦くだされ。
 コメント下さった皆さまの所に少しずつお礼に伺わせて戴く所存です。
 どうぞよしなに^^。

by urankkkao-ji | 2010-12-17 07:55 | ウチのカレ  

後追い

カレのみならず、ヘタレなうちにまで励ましのメールや応援コメントを下さる皆さま。
温かく見守ってくださる皆さま。本当にありがとうございます。
おかげさまで、カレは日一日と元気を回復しております^^。

優しくcure&careしてくださるH先生やスタッフの皆さまへの感謝は尽きません。
まことにありがたいことでございます。

昨日から今朝にかけて、この冬一番の冷え込みになったうちとこ。
磨き上げられたミラーバーンは、昨晩おもしろいほどに滑りました。
ひーっ!まっすぐ走ってても滑るんだもんなぁ。どうせいっちゅうのよおおおお。←心の声
と、トゥルトゥル路面に悪態をつきながら愛しいカレに会いに行きました。

約束の時間に到着すると、生憎手術が長引いていてお手すきのスタッフさんが
いらっしゃらないとのこと。
どなたかがお手すきになるまで、少し待たせて戴くことにしました。

c0117239_1435412.jpg
ここはビョインでつね。
ちょっと、キョワイでつ。

毎日兄ちゃんに会いに来ているのだから、いい加減慣れてくれても良いのに、
カレに会うまではブルブルが止まらないネムロ。

しばらくかかりそうなので、暖房がきいた待合室に移動しました。
c0117239_149217.jpg
ここも、なんか落ち着かないでつ。
と、ウロウロと先達とワガママンの膝を渡り歩くネムロ。

しばらく待たせて戴いていると、会議?打合せ?を終えられたスーツ姿のH先生が、
待合室にいるうちらに気づいてくださいました。

手術中とのことで、待たせて戴いています。と、言うと
「随分お待たせしちゃったみたいですね。すみません。どうぞ」と、
カレの面会に立ち会って下さいました。ほんに、ご親切だワン。←ゴメン

一昨日、スタッフさんが
「カレちゃんはご家族がおいでになると、部屋に着くずいぶん前から嬉しそうに尻尾を振って
待ってますよ。私たちへの尻尾の振り方と全然違います。」と、嬉しいことをおっさったので、
ウキウキとICU室に入りました。

・・・・・・・・・。うちのオレ様ってば、エリカラ着用のまま爆睡ちう。
ケージの前まで行って名前を呼ぶと、3秒ほどおいてやっとかあちゃんと気づきました。
おいおいおいおい。
気づいてからは、大騒ぎ。ケージから飛び出るように抱っこさって、帰る気満々。

c0117239_14221796.jpg
嬉ションなオレ。

H先生から吐き気はおさまったこと。下痢も落ち着いている事。
ビリルビンの数値も月曜に上がった数値から日を追う毎に下がってきている事。
ただ、点滴を入れる血管がつぶれてしまったので、水分補給は皮下注射でできても、
栄養補給が難しい状態であること。方法としては首の太い血管に針を入れて
輸液(栄養補給の)する方法があること。(←ニンゲンで言えばIVHみたいなもんか?)
ただ、随分元気なのでそこまでしなくても、もうちょっとでご飯を食べられるのではないかと、
観察中であること。などのご説明がありました。

お水もまだ飲めませんか?とお尋ねすると、
「水分は足りているようで、水をあげても飲まないのです。」

ずっと抱っこさっているカレ。この頃ネムロを抱っこする時間が長いせいか、
カレが相変わらず重く感じられました。
あんまり体重はかわらないんじゃないのお?重い気がするねぇ。
とつぶやくと、H先生が「測ってみますか」と、素早く体重計をケージにセットして下さいました。

c0117239_1439066.jpg

5.4kg。
手術前には6.2kg程だったから、やぱし随分減っていました。

5kg前後を行ったり来たりしているネムロとあんまり変わらないじゃないの、カレよ。
蓄えた脂肪を養分として、リカバッテいるんだね。
お痩せさんだったら、保たなかったかもしれないねぇ。←勝手な解釈

なのに、ナンで変わらず重いと感じられたかというと。

c0117239_1446871.jpg

これこのとおり、一時もじっとしていないワケ。
ネムロを抱っこしながらの撮影というハンディはあれど、
撮影上手な先達の画像がブレるほど、腕の中で騒ぎまくっているワケ。

うーん。元気はありますよね~。
「明日、腹部のエコー検査をしてお腹の中の様子を調べてみます。
問題がないようなら、また、ご飯が食べられるかどうか試してみましょう。
ただねぇ~。せっかくここまで症状が落ち着いた状態になったのですから、
また、好きなものを食べて、具合悪くなっちゃうともったいないのでね。
注意深く、慎重に行きましょうね。」と、H先生。

全くおっしゃるとおりでございますとも。気長に慎重に参りましょう^^。

すっかり、ここにもスタッフの方々にも慣れたみたいですし、
もちろん帰りたい気持ちはあるのでしょうが、
ひどくストレスを感じている風でもないですもんね。と、いうと。

「この頃、お腹出して寝てますよ」と、H先生が笑いながらおっしゃいました。
へ?ヘソ天?ケージの中で?うひゃああ。
「あんまりいないですね。初めて見ました」
・・・・・・・・・。
カレよ。リラックスできる環境でよかったね。
かあちゃんの不安を運ぶコビトがまた一人減ったよ^^。

お世話して下さる皆さまのおかげだね。
あとは、養分の経口摂取、あるのみ!!
カレよ、ひきつづきばんがっておくれ。

じゃあね。また明日来るからね。
と、声をかけ、エリカラをつけて、←主に先生が(汗っ)
帰ろうとすると、ケージの中で立ち上がったカレがギャンギャン吠えました。
くーんくーんとかひぇーんとかいう鼻鳴らしではなく、

おい、とうちゃん、かあちゃん。ナンでおいてくんだよおお!
と怒り心頭に発したカレが、全力で抗議している声に聞こえました。

ううううう。その声が辛いわなぁ。
あんたも辛いだろうけども、とうちゃんもかあちゃんも辛いんだからね。
もう少し辛抱してね。もうちょっとの我慢だからね。うん。

さ~て。今日の按配はどうかな^^。
ご飯、なんか食べてるかなぁ~。
食べられてなくても、昨日と同じくらい元気でいてね。
7時半になったら、会えるよ^^。待っててね。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           ついに、「動物のお医者さん」の舞台でヘソ天姿を披露した
           とんでもない(あとはご飯をたべられれば・・・な)カレに^^。
           スーツ姿もカッコイイH大のドリトルH先生&優しいスタッフの方々に。                                                                              
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。





☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。


☆写真展絶賛開催中
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^。

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展が開催されています。
詳細はこちらで♪

by urankkkao-ji | 2010-12-16 15:17 | ウチのカレ