タグ:ローマ ( 17 ) タグの人気記事

 

THERMAE ROMAE テルマエ・ロマエ来たーー!

c0117239_873580.jpg
遊ぶでつか??
ネムロや。またも、おもちゃ入りのハウスを引くりかやしておもちゃぶちまけてるの?( ̄∇ ̄)
かあちゃんは遊べないよお~~。
だって、とうちゃんがお土産にDVDさ、くれたんだもんヽ(^。^)ノ
c0117239_8112477.jpg
こりでつね?
そう!テルマエ・ロマエ~~~ヽ(^。^)ノ
うへへへへ~。夕ご飯が終わったら左脇抉りこむように観るべし観るべし観るべし!だよん♪
本編観て~~。特典映像観て~~。
時間があったら、オーディオ・コメンタリー聞きながら復習して~~。うぷぷぷぷ。
c0117239_81813.jpg
やかましいでつか?
や。そんなことはナイと思うけど。
c0117239_8194058.jpg
ホントでつか?
ネムロ・・・・。ものっそい猜疑心に満ちた目だね( ̄0 ̄)
カレもネムロも大きい音が大嫌い。特にカレはかあちゃんたちのDVD祭りが始まったら具合悪くなるくらいだったっけ(;゜ロ゜)
なるべく静かに観るからね。ネムちゃんも付き合ってね^^。
c0117239_82411100.jpg
観る・・・。音量上げるかあちゃん。時々爆笑するかあちゃん&とうしゃん(^◇^;)
いつの間にかパソルームに避難するひっつき虫のネムロ(゜ロ゜屮)屮
安眠妨害でつーーーーーーっ!!(* ̄m ̄)
ご、ごめんて(^_^;
←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。           
           呆れるほど阿部ちゃんも北村クンも濃かったテルマエ・ロマエに(^◇^;)
           ポチッとひとつ、お願いします!とっても励みになってます(^▽^)
           携帯からはこちら!
           ありがとうございました。
少し前に焼カレーを作成しました^^。
c0117239_8372511.jpg
ハイカロリーだぞ!でも、んまい~~ヽ(^。^)ノ
三年前に行ったローマ、パンテオン神殿~~。また行きたいな~~っ!
c0117239_8533787.jpg

c0117239_1147279.jpg
日本サービスドッグ協会さんの11月のキャレンダーはこちら~♪
ゆうさんさまのイラストがたまらにゃ~い(*^o^*)
2013年のキャレンダーも申し込み受付ちう~~ヽ(^。^)丿

さぁ、みなさまも日本サービスドッグ協会さんへGO!
東京キャットガーディアンさんでは2013年猫さんチャリティーカレンダーも販売ちう^^。
c0117239_1150365.jpg
ブロ友さんのチャコさんカレンダーをゲット~っ!かーいらしいね。皆さまもいかがでしょ?(^▽^)

☆体調が思わしくない方々やワンコさん、猫さん。みんなみんな、ばんがろな。な!
================================
☆被災地の経済を活性化させる復興市場(支援物資を被災地のお店から購入して被災者へ届ける通販サイト、支援物資のオンラインショップ)はこちら。
☆日本赤十字社 東北関東大震災義援金の受け付け口座はこちらで。
NPO法人ARK 東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちへの支援はこちらから。※郵便振込、カード決済が可能です。
☆奥松島月浜海苔生産グループが一口オーナー「月光の太陽」を募集中! 月光プロジェクトはこちらで♪
c0117239_7135557.jpg
アロマキャンドルに元気をもらおう♪
c0117239_1245822.jpg
東松島市宮戸島室浜からお届けします。
c0117239_8562716.jpg
クリスマス限定バージョンも可愛いよ~ヽ(^。^)丿
☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。

富士丸とうちゃんさまの絵本「明日もいっしょにおきようね」が現在発売中の「CREA CAT 2012 No.5」に紹介されています。買っちゃった~~ヽ(^。^)丿ツイともさんの猫さんもいっぱいで楽しい~!(≧∀≦) 
☆富士丸とおちゃんさまからのお知らせ
『第一回ペットとの共生推進協議会シンポジウム』 参加無料(要事前登録)
主催:ペットとの共生推進協議会
日時:2012年12月8日(土) 10:00~17:10
場所:東京商工会議所(東商ビル)4F 東商ホール
☆富士丸とおちゃんさまからのよびかけ(引用)
【『犬と猫と人間と』の飯田基晴監督が「犬と猫と人間と2」の制作費の寄付をつのっています。現在の状況は『コチラ』。】
公式サイト 「犬と猫と人間と 2」もできましたよ~♪
☆被災地に取り残された動物たちのために活動中。→ 「犬猫救済の輪ブログ」さま
☆被災地だけでなくさまざまなペットレスキューをされているのはこちらら
pet salon Mignon DIARY
 ペットレスキューにシェルター運営に譲渡会にライブにと八面六臂の活躍です。
 お近くでボランティア協力できる方がいらっしゃいましたらブログへGO!

by urankkkao-ji | 2012-11-25 08:54 | ネムロとカレ  

花の都パリへGO! ローマ~パリ:すちゃらか道中記19

さて、のっけからお詫びです。
前回すちゃらか道中記18で、夕方の便でパリに向かうと書きましたが、
既に、記憶が曖昧になっていたことが画像を見て判明。
c0117239_7575585.jpg










14時じゃん。14時20分じゃん!!
ということは・・・・(記憶をたぐり寄せている)・・・・そうそう。
空港への迎えのタクシーは11時にホテルに来たのでした。

レオナルド・ダ・ヴィンチ空港という愛称で呼ばれるこの空港は。
しかし・・・。

c0117239_861931.jpg















c0117239_881953.jpg















どこにも、その表示があるわけではなくて。
ローマ空港・・・とだけ表示されているのでした。

とっとと、搭乗手続を済ませて待合室でランチでも~っと
セキュリティチェックに向かえば。
c0117239_8335153.jpg













手荷物は、ノープロブレムで、スキッと通りましたさ。
んがっ。ワガママンの、小汚い格好を見たせいか、チェックの方が一言。
「Take off your shoes!」・・・・・と。靴を脱げ!と。はぁ?
一応、Why?なワガママン。
語気荒く、眼光鋭く繰り返される、靴を脱げオーダー。
仕方なく、ペたしペたしと裸足であのセキュリティゲートちゅうの?
あの門をくぐりましたさ。ぷんすか。
脱げオーダーの靴は、こちら。

c0117239_8225379.jpg











漢子とお買い物に行ったときに、ついでにお買上げしたお気に入りのパンプス。
ヒールのシルバーがイカンかったようで。
みなさま。海外(特にパリ)に行かれるときには
シルバーやゴールドのヒールはNGのようです。←今日のポイント

ちょっとプンプンなワガママンも、お腹がふくれればニッコリ笑顔が帰ってくる
簡単な精神構造。ちーちゃんが、さっさとなんか喰わせてご機嫌に~っと待合室でランチ。

c0117239_8322638.jpg

お野菜たっぷり~のランチは、ポテトの洋風煮物・・・のようなもの。
ニースサラダ・・・のようなもの。そして、グリンピースのクリーム和え・・・のようなもので。
基本、グリンピースはあんまり好物ではないワガママン。
結構な量に、ドヨドヨ~っだったのですが。
こんれが、予想を裏切る美味さ。ええ~っ!グリンピースってこんなにんまいものだったの~っと
ホクホクしながら、完食。エアーフランスの移動時間は2時間程度なので、
何にもサービスがありそうになかったしね。

ごちそうさま~っと食べ終わる頃には気分もウキウキ。
さ~て、おフランスへ行くんだわ~~~なワガママン。

いよいよ機内への案内が始まり・・・・
エアーフランスのそれはきれいなおねぃさんが、アナウンス。
パスポートとチケットを提示してお通り下さい。

へっ?意外にアナログだわ~。おねぃさんにチケットを切ってもらいながらノロノロ進む行列。
c0117239_8444970.jpg


そして、機上で2時間10分ほどでシャルル・ド・ゴール空港に到着。
うほほ~い。パリざんすw。

二人を迎えてくれるシャルル・ド・ゴール空港は。
c0117239_8505895.jpg
どんな感じかしら~。
ワクワク。ワクワク。ワクワクワクワク。

c0117239_8532017.jpg
あ。ようこそて。
さすがに世界の観光地。日本語対応も、バッチリで・・・・。
んでもお。なんかな~~~。
気分が削がれるワガママン。やぱし、ワガママだわ、ジブン。

そして。
c0117239_859554.jpg

迎えのタクシーに乗り込む二人。カタコトの日本語がうれすいドライバーさんに、
何で、ローマの方が長ぃの~?と滞在期間がローマより短いことをちょっとなじられつつ、
車中からみたパリの光景は。
c0117239_931075.jpg

c0117239_932699.jpg

マックにケンタ。やぱし世界展開してるわ~。
街並みに目をやれば。
c0117239_94399.jpg

道・・・・狭っ!両側路上駐車!!

こんなサプライズなショットも。
c0117239_972068.jpg

パリのドライバーさんが、微妙なアクセントで「お嫁さんですね~(おヨメさンでスね~平かな部分にアクセント)」と、教えてくださって。きれい~。
c0117239_9121818.jpg

c0117239_9124252.jpg

車窓から、お城を眺めながら着いた地下鉄オペラ駅に近いホテルのお部屋はこんなん。
c0117239_914259.jpg

ああっ。これはちょっと感じよいね。と気取って座ってみた椅子。
c0117239_9153680.jpg

「女王様のイス」と勝手に命名。
ああ、ネムロ元気かな~などと先達が必死に子育て中のネムロに思いを馳せたのでした。
(カレもね。先達もね。ちゃんとセットでね。漢子は研修中でトキオだから、あんまり心配しなかったな)

さ~て。明日はいよいよ~~~。うほほほほ。
モンパルナスの駅からね。出かけるんだよおお~ね~~~。
と浮かれているワガママンにちーちゃんが一言。

5時50分に出るからね。朝食は、駅まで我慢すること。

・・・・・・憧れのモン・サン・ミシェルは。朝食抜きの試練からですかい?
らじゃ~。でございますw。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

by urankkkao-ji | 2009-05-10 09:36 | ここではない何処か  

瞬間動画!サンタ・マリア・マッジョレー教会の鐘 ローマ~パリ:すちゃらか道中記18

ローマからパリへと向かう便は夕方昼過ぎに予定されていました。
ホテルへの迎えのタクシーは、午後4時午前11時。

それまで、最後のローマを楽しもうするちーちゃんとワガママン。
テルミネ駅に近いそのホテルは、オペラ座へも、ローマ4大聖堂の一つであるこちら、
c0117239_6374681.jpg

サンタ・マリア・マッジョレー教会(の裏側)へもすぐの場所。

ちなみに4大聖堂はイースターで中に入れなかった「サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ教会」、
全然行けなかった「サン・パオロ・フォーリレムーラ教会」、カソリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」、そして、ここ「サンタ・マリア・マッジョレー教会」。

c0117239_6461155.jpg

入口のブロンズ像も迫力の大きさ。
c0117239_6465916.jpg


もちろん、中も荘厳な佇まい。
c0117239_6482728.jpg


と。なんと、ごミサが始まろうとするではありませんか。
c0117239_6491539.jpg


すばやく、警備のヒトが観光客を最後列に行くようへと促し、撮影も禁止。
当たり前ですね。信者の方々は前の方にかけて、うつむきながら祈りを捧げます。
有難いお説教を聞きながら、脇に設けられたいくつものは懺悔のお部屋へ入って行かれる方々も、いらっしゃいます。懺悔のお部屋は、赤いランプが点灯していれば使用中の印。待っている方は、懺悔室の前にご自分の名前を書いて順番を待ちます。

信者ではないけれども、ごミサの敬虔な雰囲気を邪魔しないように、信者の方が立てば一緒になって立ち、座ればやはり座って。そして聖堂に響きわたる賛美歌の、何という美しさ!
およそ、一時間ほどのごミサに列席できたことは、代え難い経験になりました。
お説教の意味は何にも分からなかったけれど、祈る・・・という姿の美しさに心打たれる時間でした。

教会前の広場でご夫婦がハトに餌をあげているのを、のんびりと眺めていたら。
c0117239_7165248.jpg


いきなり、教会の鐘の音が響きはじめ、コレは動画だわ!と慌てるワガママン。
アチコチいじっているウチに、鳴りやんでしまった鐘の音。
一瞬の鐘の音をお届けします。瞬間動画で、ゴメンなさいませ~。
※音出ますので、ご注意下さいね。4秒だけんども(笑)




さよなら、ローマの休日。

さぁ、パリに向かいますよ~~。
まだまだ続く道中記。しつこくって、ゴメンなさいませね~~。

ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

by urankkkao-ji | 2009-05-08 07:13 | ここではない何処か  

サンタ・ルチアで夕食を。   ローマ~パリ:すちゃらか道中記17

ローマについてから、歩き回ること3日。
明日の夕方には、ローマを去らなくてはならない二人。

ナヴォーナ広場近くのリストランテで夕食をいただくことに。
c0117239_11281110.jpg
その日は満月も美しい夜で。

テラス席のあるリストランテは、テラスから埋まっていくのがこちらの特徴。
みなさま、外でのお食事がデフォらしい。ふ~ん。
郷に入れば、郷にした従え・・・ですからして、テラスでお食事に致します。

選んだのは、「サンタ・ルチア」。思わずあの歌声が頭の中を流れますな。

c0117239_11322024.jpg

当然、パンが来ます。またしても。
そして。
c0117239_11394255.jpg
貝の盛り合わせ。

c0117239_11351321.jpg
ペスカトーレ。

c0117239_1137428.jpg
海老のリゾット。

夜風の心地よいテラスで。美味しい海の幸三昧・・・
カプチーノをいただいて。
広場を一巡り。あの時いただいたジェラードやさんはもう閉まっていたので。
開いてるお店でジェラードも味わいましょう。そうしましょう。

c0117239_11444949.jpg


三種類のジェラードは、ものすごく甘かったけれど。
これがローマで味わう最後のジェラードだと思うと、つい寡黙になってしまう二人。

24時間の移動を経てローマにやって来て、コロッセオフォロ・ロマーノをはじめ。
パンテオンサンタ・マリア・イン・コスメディン教会(真実の口)、スペイン広場カピトリーノ美術館ヴァチカン美術館サン・ピエトロ大聖堂、トレヴィの泉サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会など。
観光名所として世界的に有名な場所を歩き回ったこの数日の何と楽しかったことか。

明日は、ホテルからすぐのサンタ・マリア・マッジョレー教会を訪ねたいな。
ホテルの部屋で一人荷物をまとめながら。まだ、欲たかりなことを考えたワガママンでした。



ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp


おまけ(おまけのくせに態度でかし) 別の日のランチ
c0117239_1213677.jpg
玉子スープ
c0117239_1213388.jpg
焼きそば
c0117239_1214064.jpg
モヤシ炒め

なんで、ローマで中華?しかもモヤシ炒め・・・

by urankkkao-ji | 2009-05-07 12:20 | ここではない何処か  

イタメシ!イタメシ?イタメシイイ~だい!  ローマ~パリ:すちゃらか道中記16

トレヴィの泉で、てんこ盛りの観光客に酔いしれた(爆)あとは、
ちょっとだけ、ショッピング。純正お上りさんですからね。
なんか記念になるものが欲しいではないですかぁ。

というわけで(どんなわけなんだか)、フェラーリのショップに行ってみました。
c0117239_8331059.jpg












c0117239_8323077.jpg






えんぺつなぞをお買上げ。
何で、わざわざ・・・フェラーリのえんぺつ。

たかがえんぺつ・・・・。
なのに~。
なんか、豪華めな包装に
照れますな。


ブランドショップ(?)でお買い物もしましたさ。うへへ。

それでは、夕食にまいりましょう。そうしましょう。
とやって来たのは、ホテルからほど近いリストランテ、トゥーディーニ。
んでは~。
まずは、アンティパスト。いわゆる前菜のようなもの。
c0117239_9121728.jpg

そして第一のお皿はピザ。
c0117239_9131685.jpg

c0117239_914890.jpg




とにかく付いてくるパン。
アンティパストより先に、来るのがパン。


そして。
c0117239_916336.jpg
パスタはボンゴレ・・・だったはず。
ピザとパスタを並べてみると。
c0117239_9171810.jpg
ピザ・・・でかすぎ!
で、このあとコース料理ならば、第二のお皿といわれるお肉やらお魚やらのメインディッシュが
並ぶのですが、このピザのあとにはさすがに入りまへん~  な二人。
当然、ドルチェ(デザート)も省略~。

で、帰る道々オペラ座なんかをパシャリ。
c0117239_9232317.jpg
そして、2日目の夜は更けていったのでした。
ああああっ~~。まだ、2日目かい!っと突っ込む声が聞こえる。


それでも。ひと晩休めばまた、元気モリモリ活動開始。
この日は、トラステヴェレにあるローマ最古の教会「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ」を訪ね、
その地の人々を救ったとされる女性を祀った「サンタ・セシリア教会」を訪ね。
周辺をひとまわりする予定。

時間は、お金で買わなくちゃね。オトナですから。(←某角刈り犬ブロガーの名言)
というわけで、タクシーで目的地へ。

c0117239_9353412.jpg
観光客が扉の前に。
ここは、「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会」ではありまへん。
途中に寄った、アヴェンティーノの丘に建つマルタ騎士団の館。
何で、人々がそこに固まっていたかというと。
c0117239_9383620.jpg
ワガママンも順番を守って扉にへばりついとりますな。 ・・・あ。またおんなじよな格好。
いい加減に、着替えろおお~。

覗きこんでいるのは鍵穴。
c0117239_9511270.jpg

そして・・・・ここから見えるのは「サンピエトロ大聖堂」のクーポラ!なのですが。
あろうことか、ピンぼけ。致し方ないですな。にわかコンデジ使いでは。
みなさま!心眼を解き放ってくださいませ!さすれば、必ずや見えるはずぅ。←他力本願

そして、早朝のトラステヴェレを地図を頼りに歩き回って。
「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ」に到着。
c0117239_956911.jpg

c0117239_9572590.jpg

後陣を飾っているのは「キリストと聖母」(モザイク画)
c0117239_9592259.jpg
ステンドグラスもなかなかすばらし。
c0117239_1004132.jpg
天井画も美しく、4世紀に建てられ、12世紀に再建されたとは思えない保存状態。
あんまり人々が訪れないから・・・でしょうか。

そして、次なる目的地「サンタ・セシリア教会」へとまたもや地図を頼みに歩き出す二人。
と。いきなり目に入った懐かしい花。
c0117239_1054291.jpg
レンギョウだ!
お花屋さんだ!と走り寄ってみれば。
そこは、メルカートと呼ばれる青空市の一角。
c0117239_107535.jpg

市場大好き。なワガママン。読めもしないのに、品名やら値札を見ながら一回り。
c0117239_10105769.jpg
イタリア料理によく使われるという野菜。名前は・・・誰か教えて~。
c0117239_1012279.jpg
カリフラワー系だな。これは。うん。
c0117239_10124238.jpg
コレは、ズッキーニだ!知ってるもので嬉しいワガママン。お花も食すのがイタリア風だそう。
c0117239_10142535.jpg
お肉屋さん。隣にはチーズやさん。ああ、コレは~。まっすぐ帰るんならいろんな物を買いたいね。そうだね~っとメルカートをあとにして。

「サンタ・セシリア教会」へ。
c0117239_10164555.jpg

c0117239_101727.jpg

c0117239_10172154.jpg

当地の方々のために身を犠牲にして救ったといわれる聖女の寝姿が厳かに祀られていました。

c0117239_1022366.jpg
パイプオルガンの音色は聞けなかったけれど。その聖女の姿に心打たれた一時でしたな。


歩き回れば、当然喉も渇きます。お腹も空きます。飲んだり食べたりしたら・・・
それは、行くべきところから呼ばれますな。自然の摂理なり~。
で、全然知らないこの地域で。使い心地の良いトイレッタを探すのは至難の業。
とりあえず大きな通りに出て、小綺麗なカフェで一服しようかと思ったら。

目に入ってきたのはお馴染みのMマーク。
ここだね!とトイレ休憩。
c0117239_10272849.jpg

カプチーノとポテトを頼んで、トイレ休憩。
さすがにマック。世界中共通のマニュアルはここでも完璧!
清潔なトイレを使わせてもらって。それでは、トラムで次なる目的地に。
c0117239_1034784.jpg

c0117239_10343113.jpg

トラムの中では、アコーディオンを演奏するワカモノも。ノドカな音色にしばしうっとり~。

やって来ました。(たぶん)「サン・ジョバンニ教会」
c0117239_10362533.jpg


んがっ。サンピエトロ大聖堂に次ぐ聖地といわれるこの教会は。
c0117239_10402448.jpg
イースタに備えて、閉鎖中。
他の観光客とともに、しばし座り込んで茫然とする二人。時期がね。
残念だったね。と慰め合いながら、教会をあとにしたのでした。



ランキングに参加しています。こんなに長くてごめんなさいませ。
           読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp


おまけ  こどもの日だからか?違うな。昨日の夕食はイタリアン。
c0117239_10492813.jpg











ミネストローネ(先達作)
c0117239_1050898.jpg











イカスミ入りミックスペンネ、ボルチニと海の幸のクリーム和えグラタン風(ワガママン作)
c0117239_10542193.jpg

by urankkkao-ji | 2009-05-06 10:57 | ここではない何処か  

トレヴィの泉へGO! ローマ~パリ:すちゃらか道中記15


c0117239_14181574.jpg
サン・ピエトロ広場で、座り込んで大聖堂の余韻に浸りつつ、一服。

大聖堂を取り巻く柱の太さは、こんなん。
c0117239_1421834.jpg
あ。ドルチェのおかげで大きくなった方と、ツーショットになっちょる。

後ろ髪を引かれるような思いで、広場をあとにしてふと振り返れば。
c0117239_1423103.jpg
大聖堂を一目見ようとする人々の限りなく長い列が~~~。
やぱし、早めの行動が良かったね。
などと言いながら、ポポロ広場アタリまでとりあえず出ることに。
バス?地下鉄?トラム?
ここは、太っ腹にタクシーなんかを利用しちゃいましょう。そうしましょう。

ローマでは、流しのタクシーはありません。
タクシー乗り場が決まっていて、そこにいるタクシーの運転手さんに乗せてもらうのですが。
運転手さん同士の話し合いや譲り合い、お客さんの取り合い、殴り合い・・なんていうのも
見どころの一つ(笑)。・・・・・すんまへん。殴り合いは、ウソです。

で、妙齢(?)女子二人を乗せてくれたのはこのワカモノ。
c0117239_1431076.jpgポポロ広場アタリまでと、
地図をさして行き先を告げます。
いきなりかかってくる、ワカモノの携帯。
目的地へ到着するまで、
ず~っと楽しそうに携帯相手に
おしゃべりを続けるワカモノ。

お国柄でしょうかね~。客商売・・・なんてことはまったく意に介さず、携帯片手の運転は
冴え渡ります。なにせ、それでなくても狭い道の片側には、ズラ~りと並ぶ路上駐車の群れ。
さらにあっちにふらりこっちにふらりと歩く人々の間を、縫うように運転するテクニックには
足先に力が入りましたな。

ポポロ広場のパフォーマー
c0117239_14475540.jpg





ストップモーション系ですが。
金粉デコレの方。

なにやら持っているな~
と思ったら。

カワイらしい坊やが
ご祝儀を。
すると。

c0117239_145006.jpg




聞こえませんか?
聞こえないよね~。

どして、ここで動画を
撮らなかったろう!
悔しさにハンカチを噛みしめてます。

坊やがご祝儀をバケツに入れた途端。
優しいオルゴールの音色が、
響き始めるのでした。


ここで、コーヒーブレイク。
当たりをつけたお店へと向かいます。
おおっ!ここだ。ここだ。ここで、お茶にしましょう。そうしましょう。
c0117239_14565754.jpg











c0117239_14582854.jpg

イースターエッグを飾った、
通りに面したショーウインドウ。

お店の開店年も
書かれています。

見えますか?
ショーウインドウに写っているのは
道行く見知らぬ人ですが。

その下の方に目をやると。
1760と書かれています。



店内に入ると、ショーケースには幾種類ものドルチェ。
奥には、古びた椅子が見えます。
座って、お茶したい二人。なんとか、テーブル席に座りました。

c0117239_156632.jpg

c0117239_1562516.jpg

ティールームの内部は、まるで美術館のよう。
ここは、カフェ・グレコという由緒正しい、ティールームなのでした。

c0117239_15104823.jpg











c0117239_15113920.jpg











c0117239_1512224.jpg











伝票も、なんかコジャレタ感じ?
ドルチェは・・・・・。
カプチーノはンまかったですよお。それは、もう。

何より感動したのは、トイレが有料で。
イエね、有料なことに感動したわけじゃなくて。
料金を入れる美しい陶器のお皿を脇に、係の女性がまったり座っていたことでした。
一ユーロ硬貨を、お皿に入れてトイレを使うのです。んがっ。
使わせてくださいませ~な感じが強烈。係の女性のまったりとしつつも、
有無を言わさぬ視線に、迫力を感じたのはワガママンだけではあるマイマイ。

それでも、エウロッパの街角にあるトイレはあまりキレイじゃないといわれてますので、
すんばらしく格調高く清潔なおトイレは、感動モノだったのでした。

カフェ・グレコの何とも厳めしいような雰囲気も堪能しました。
それでは歩いてトレヴィの泉へ参りましょう。


c0117239_15254841.jpg

あまりにも有名な観光スポット。トレヴィの泉。
中央のポセイドンとそれを取り巻くトリトンなどの像は18世紀に作り直されたモノだそう。

c0117239_15331348.jpg

この泉に背を向けてコイン1枚を投げ入れれば、再びローマに戻ることができ、2枚投げれば
思い人との恋が叶い、3枚投げ入れれば恋人と別れられる・・・という言い伝えでも有名。
別れたい恋人・・・それは、もう恋人じゃないし。などと思いながらも、記念撮影するワガママン。

c0117239_15365822.jpg











これは、ママンじゃないですな。なぜか羽を休めていたカモメ。
c0117239_1540598.jpg


カモメだけじゃなく、ここで渇いたのどを潤しているワンちゃんも。ついつい撮ってしまうワガママン。
c0117239_15445989.jpg


観光名所ですからね。それはもう、やぱし。
トレヴィの泉から、まわりに目をやれば。左も。
c0117239_15472254.jpg


右も。
c0117239_15474839.jpg

観光客がてんこ盛り。

それでも。行っておきたい観光名所の数々。二度と来られないかと思うと、なお。
急ぎ足にでも、いろいろと歩き回ってしまう二人なのでした。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

by urankkkao-ji | 2009-05-04 15:54 | ここではない何処か  

荘厳! サン・ピエトロ大聖堂  ローマ~パリ:すちゃらか道中記14

昔、通っていた大学はどちらもミッション系で。
最初の大学には神父さまやシスターの方々が。
あとの学校にはチャプレンがおいでになりました。

ごミサに出たことは殆どありません(信者ではございませんものですから)が、
宗教ゼミというのが必修で。
神父さまがゼミを担当していらっしゃいました。
なかなか興味深い授業は、フロム,E(「愛するということ」)をテキストにしていて、
いろんな討論をしながら、進められていきました。

試験はレポートで。
“あなたにとって「愛すること」とは何かを述べよ。”なんていうものでしたな。

小賢しくも、「なれ合うことを避け、互いに高めあえる関係こそ愛することだ~」とか、
「互いに補完しつつも寄り掛からない関係だ~」とか言いたい放題のことを書いて、
まんまと優をもらったのも、懐かしいといえば懐かしいのだけれど。
まるで、真逆の現在は百億光年くらい離れてますな。(・・・遠い。遠すぎるよ~。)

何より懐かしいのは、この宗教ゼミでは女人禁制の場所、修道院への
一泊研修があったのでした。桜並木が両側を彩るあの函館はトラピスト修道院へ。

20歳そこそこの女子学生が10数名も泊まり込んで、修道院の一日を体験するのでした。
朝、3時には朝のお勤め(ごミサ:お説教と賛美歌)、朝7時には昼のお勤め。
そこに参加させていただき、ともに祈るという貴重な体験でした。

実際のところといえば。
信者ではないジブンは朝の賛美歌はさすがに声が出にくいのだな・・・とか、
昼のお勤め・・・って、まだ朝だし・・・というような、まことに不信心なことを考えながら
参列していたわけですが。

修道僧の方々は朝早くからごミサをして、
日中は修道院の畑や牧場のお世話に明け暮れる毎日をお過ごしのようでした。
祈りと労働の日々。修道僧ですから、当たり前なのでしょうが。
やはり、馴染みのない異世界へ迷い込んだような気がいたしましたな。

そこでいただいた絞りたての牛乳の甘さ、
ほうれん草のバター炒め(もちろん出来たてのトラピストバター使用)、
焼きたてのパンの美味しさは、異世界と現世を繋ぐ忘れられない味の想い出です。


では、サン・ピエトロ大聖堂にご案内しましょう。お静かに。どうぞ。

c0117239_1111620.jpg


c0117239_1114093.jpg
「天蓋のある主祭壇」ベルニーニ作(弟子のボロミーニョとともに)

c0117239_112429.jpg
「聖ペテロの司教座」ベルニーニ作

c0117239_1174186.jpg
「ピエタ像」ミケランジェロ23歳の作。

c0117239_1111735.jpg
「聖ペテロ像」アルノルフォ・ディ・カンビオ作

世界中におよそ10億人の信者を抱えるカソリックの総本山であるサン・ピエトロ大聖堂。
その内部の美しさ、天井まで続くさまざまな装飾。

c0117239_1115175.jpg


圧倒的な迫力に息を呑むようでした。

しかも、イースターを間近に控えてこの総本山も準備の真っ最中。
世界中から訪れる信者がその足をなぜて祈るといわれる聖ペテロ像は。
c0117239_11185682.jpg

ぎっしりと並べられた椅子で近寄ることすらできないのでした。
ここも。
c0117239_1120376.jpg

ここも。
c0117239_11221122.jpg


イースター(復活祭)の準備が滞りなく進んでいくように。
警備の人々も修道士の方々も、かなりピリピリとしておいでのように見受けられました。c0117239_11251666.jpg













が、まだ観光客は入場OK。
ここから先は入らないでください。
ここでは、撮影はご遠慮下さい。
と警備の方が巡回しながら
注意を促します。


ひと渡り見学させていただいて、外に出て振り返れば。
c0117239_11345726.jpg

荘厳な佇まいのサン・ピエトロ大聖堂。

c0117239_11361346.jpg

やはり並べられた椅子に、一羽の鴉(?)が羽を休めていました。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

by urankkkao-ji | 2009-05-03 11:43 | ここではない何処か  

ピナコテカ(絵画館)のあとはランチ! ローマ~パリ すちゃらか道中記13

ここで、投げやりになってはいけません。←ジブンに言い聞かせてる。
始めたら、なんとか最後までやり遂げなければ・・・・。
↑いや、まぁそんなに意気込むほどのことぢゃないから。
何をやらせても大抵竜頭蛇尾に終わるワガママン。
とりあえず、ふぁいとお~。っと、ピナコテカに向かいます。

c0117239_7341442.jpg
中も工事中。
どことなく、削がれる荘厳さ。お腹も空いてきて、ちょっとよれよれ・・・・・。

それでも。
c0117239_7354628.jpg
「聖母の戴冠と天使、聖人達、寄進者」   フィリッポ・リッピと協力者

c0117239_7415136.jpg
「ピエタ」  ルーカス・クラナッハ

そして、ラファエロの「変容」
c0117239_74553100.jpg


さらに。ダ・ヴィンチ 「聖ヒエロニムス」
c0117239_7473873.jpg


カルバッジョ 「十字架降下」 
c0117239_74913.jpg


第16室にあるのは大作 「エデンの園のアダムとエヴァ」 ヴァンツェル・ピーター
c0117239_7582933.jpg



と、巡って行けば。もう、名画酔い?なワガママン。なんと贅沢な時間。
さてと。それではヴァチカン美術館で、ランチにしましょう。そうしましょう。

c0117239_882936.jpg

ピッツッアのコーナーにはこれでもかっ!と人が並んでいたので、
セルフ・サービスのリストランテが開くまで待つことに。
お値段は書いてあるけれど・・・・当然何がなにやら分からない二人。
とりあえず入ってみましょ。そうしましょ。
開いてすぐに入ったので、セレクト時間も充分。テーブルもラクラク取れて。


c0117239_8133860.jpg
ちーちゃんのランチ リガトー二?のようなものとサラダ。そしてドルチェ。

c0117239_814344.jpg
ワガママンはこちら。 ニョケッテイのようなもの。クリームバジルソースが濃厚。
と、パテ・・・のような肉。サラダ。そしてカプチーノシェイク?

大体ニョケッテイ(ニョッキ)の盛りが多すぎ!←係の人がよそってくださるです。
もちろん、this one please で乗りきるうちら。

c0117239_822239.jpg席に着いた辺りで、
リストランテに
流れ込んでくる人々急増。

並んでて、
良かったね~。

などと言いながら、
もちろん完食。

ふと横を見ると、
大体、パスタが
ニョッキのような
ものを一品と、
ミネラルウォーターの
ヒト多し。
んがっ!
ドルチェは頼んでますな。


この、ドルチェがクセモノで。とにかく甘い!アゴが痺れる甘さ・・・とでもいいましょうか。
きっと、有名なドルチェのお店などでは美味しいものがいただけるのでしょうが、
ホテルのドルチェや、スーパーでついついお買上げしちゃったドルチェは、かなりの甘さ。
そして~。こちらの方々の多くは女性だけでなく男性も必ず食後にドルチェ。
こんの(くそ)甘いものを~たっぷり~~~とおおおお。
なるほど、大きくなったら、大きくなる方が多いって理由の一つはそこら辺りかのう・・・
などと、余計な事までワリと真剣に検討しちゃったりした二人でした。

食後は、中庭で休憩。
c0117239_8363427.jpg


さ~て。午後はカソリックの総本山、サンピエトロ大聖堂さ行ってみなくちゃね。
混んでるかな?そりゃあ、混んでるよなぁ・・・。
んでも、ここまで来たんだもの。入ってみましょう。そうしましょう。
と、ヴァチカン美術館をあとにしたのでした。チョ~ン。
ごめんね~。巻きたいンだけど、巻けないYO。



ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp


 

by urankkkao-ji | 2009-05-02 08:46 | ここではない何処か  

ラファエロのスタンツェ:ローマ~パリ すちゃらか道中記12

ヴァチカン美術館、素人巡りはまだまだ続きます。
お次はラファエロのスタンツェ(部屋の複数形だそう)。
ここで、お目にかかったのは当然ラファエロの絵画の数々。
ガイドさんの流れるような解説は、なるほど~っと聞いた途端に右から左。
それが哀しいワガママン。

c0117239_13314847.jpg
ヘリオドスの間の窓の上に描かれているのは、「聖ペテロの解放」

続いて、署名の間
c0117239_1336471.jpg
チケットにもなっている大作「アテネの学堂」

中央にはプラトン(左)とアリストテレス。その左側にはグリーンぽいローブを纏ったソクラテス。

ああっ。「ソクラテスの弁明」が倫理社会の試験に出たっけ・・・・などと、唐突に思いだし、
先達が満点だったとGマンモードだったことまでついでに思い出して、ちょこっとムカつくワガママン。左下、座り込んで書物に何かを書き込んでいるのはピタゴラス。階段で横になっているのはディオゲネスだそう。浅学にして良く知らないので、突っ込まないように~。
右側のコンパスで幾何学的な図形を図っているのはエウクリデス・・・って、切れてるし。
えっと~。(てっぺんハゲの)頭がこちらを向いてるヒトですな。
(エウクリデス様、ごめんなさい。尊敬してますからあああ。良くは知らないけんども)

c0117239_13484812.jpg
その後ろに天球儀を持ったゾロアスターと地球儀を持ったプトレマイオス。
そして、右隅からこっそり~とこちらを覗いているのは、ラファエロ本人だそう(右から二人目)。
ご本人がいる・・・ということは、
他にも同時代人に似せて描かれているヒトがいかにも居そうですが。
いらっさいますとも。プラトンはレオナルド・ダ・ヴィンチに。
エウクリデスはブラマンテに、似せて描かれているのだそう。
(エウクリデスさま~再びご無礼お許し下さい~。)
そして。
ミケランジェロも居ますよ~っとガイドさん。
ええっ!どこどこ?ミケランジェロ?
c0117239_1465623.jpg
ヘラクリトスは、ミケランジェロをモデルに描かれているのだそう。
ふ~ん。こんな感じのヒトだったのかぁ。肘ついて、思索中かな。インク壺がらしいよねぇ。

その左隣にあるのがこちら。
c0117239_1417432.jpg
パルナッソス

あんの~。窓・・・開いてますが。光・・・・よろしいんでしょうかのう。
そして「アテネの学堂」の向かい側にはこれまた大作のこちら。
c0117239_1422141.jpg
整体の論議・・・・って一発変換で出ちゃうところが虚しい。スミマセン、「聖体の論議」でございます。しかもアングル悪しでボケボケ。アップしちゃって、すんまへ~ん。

天井を見上げると。
c0117239_1425283.jpg
このような美しい天井画まで。ラファエロさまは、この天井部分から描き始めたのだそう。見上げているだけでも首がだるくなるのに、大変な情熱と体力と才能!ですな。

ボルゴの火災の間の「ボルゴの火災」
c0117239_14334044.jpg
「歴代教皇伝」の中の、一つのエピソードをもとに描かれたものです~っとガイドさん。
847年のサン・ピエトロ大聖堂近くのボルゴ地区で発生した火災を、レオ4世が十字を切って奇跡的に消し止めたというエピソードを描いているのだそうな。
いやぁ、これは躍動感に満ちてますな。ぶら下がってる男性の筋肉の美しさよ。←裸体だからじゃないじょ。

と、一渡りラファエロのスタンツェを巡ってから。ハタと。「変容」はどこかのう?
やぱし、ナマで観たいじゃない。と呟けば、ピナコテカだよっとちーちゃん。
ああ、まだ観るべきところはいっぱいありそうだわ~。
ちょっとお腹が空いてきたけれど。ピナコテカを見るまで、我慢するざんす。

あっ。ここにも知ったお方が。記念撮影、お願いします!
c0117239_14474668.jpg

「考える人」にお願いして、ハイ、ぽーず。
考えるヒトとナンも考えないヒトのツーショットが出来上がり~。

では、泣き出しそうな腹の虫をなだめすかして、ピナコテカに参りましょう。
そうしましょう。ピナコテカ(絵画館)のご紹介は、またあとで。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp



おおっ!今日から5月じゃないか。カレンダーを5月にしなくちゃね。うん。
かわいいちゃんが、いっぱ~い。

c0117239_14571486.jpg












ぶるぶる福ぴーちゃんとこの福ちゃんとぴーちゃん。
「ブリーダー崩壊によって放置された85頭のワンズ全ての里親さんが決まりました!」
という心温まる続報がこちらに。

そして、雑貨カフェのアイドルタナちゃん
c0117239_151388.jpg












ただいま「とりあえず入ってみる党」党首として、
またその影の姿、陰陽師タナカ晴明せんせいとして活躍中・・・

そして。ゆっこさんご自慢のきのこカットが超cuteな楓ちゃん
c0117239_1534748.jpg












とりを飾るのは、マイホーム建設中の丸君。今月は、アートだわ~。
c0117239_1585385.jpg
















よしっと。みなさまのおかげで、毎月きちんとカレンダーを新しく出来るようになりました。
月半ばまで、先月のカレンダーのまんまじゃないって・・・・かなり幸せ。ありがとうね~。

by urankkkao-ji | 2009-05-01 15:27 | ここではない何処か  

システィーナ礼拝堂への道:ローマ~パリ すちゃらか道中記11

彫刻も堪能しました。裸体も堪能しました。
そいでは、システィーナ礼拝堂へと進んでいきましょう。ドキドキ。
c0117239_22304869.jpg

c0117239_22311045.jpg



システィーナ礼拝堂
へは、
「地図のギャラリー」
というところを
通っていきましたが、
その前に見た
天井画がこちら。
(上と左)






レリーフに
見えませんか?
レリーフでしょう?

んでも、
絵画なのですって。
驚き!







c0117239_22473939.jpg
イタリア全体やそれぞれの州、マルタ島などの島々や教会の領地を示す、
40点の地図が並ぶ回廊を抜けると。
なんか、足場が組んである・・・・・。
c0117239_22302289.jpg

c0117239_22495966.jpg











聖なる場所への通り道は訪れたときにはこんな感じ。かな~り、引き戻されます。現実に。
地下鉄工事中のビル脇を通る感じ?剥落した壁を修理中のマンションな感じ?
c0117239_22513416.jpg
どこもかしこも、工事中・・・。
ナゼ?

さて、現在も教皇の
公的礼拝堂である、
システィーナ礼拝堂。

ここは、ご存知
コンクラーベ(教皇選出)が
行われる神聖な場所。

その際には、
ほとんど
軟禁状態で、
教皇選出が
行われるのだとか。
決まるまで、何日も。
軟禁状態。



モチロン、期待通りガイドさんからはベタな駄洒落を聞かせて頂きました。
コンクラーベですから。それはもう。微笑んで受け流しましたよ。オトナですからね。


とうとうシスティーナ礼拝堂に入ります。・・・・・・・。
当然の事ながら、撮影禁止。私語・飲食禁止。
厳かに、静かに観賞し、速やかに去るべし・・・・・。
それに反しようものなら。目を光らせた警備のヒト?に厳しく指導されます。
カメラを構えている観光客、いつまでもおしゃべりをやめない観光客、
つい、水を飲もうとする観光客・・・

警備のヒト?大忙し。次々に厳しく指導。次々に。そう、次々に。際限もなく。一日中。
つまり、全くその注意事項を守らない人々・・・多すぎだって!

そして、入館直後にいきなりのレクチャーがあったのは、
このシスティーナ礼拝堂の撮影がデキナイことも関係していたのでした。
レクチャーで使われたスライドで、偉大なるミケランジェロの天井画
「創世記」をごらん頂きましょう。
「アダムの創造」は、天井画の一部分だったのですね~。
c0117239_23162363.jpg

そして、奥の壁面を飾るのは、ご存知「最後の審判」。
ミケランジェロが60歳になってから着手したというから、驚きです。
c0117239_2319228.jpg


仄暗いシスティーナ礼拝堂の中で見たナマの天井画や壁画は、
圧倒的な美しさと迫力でしたな。

それにしても、注意事項を守っていたのは真面目なニポン人くらい。
おしゃべりしちゃイケナイのは、空気の振動や呼気に含まれる湿気が
ミケランジェロの壁画の保存状態を悪化させるから・・・との理由なのですが。

一日中、厳重注意してる警備のヒト?の振動はダイジョブなんだね。
ってか、あんなにギュウギュウに詰め込まれた礼拝堂って。
なんだかな~。礼拝堂・・・・期待していた神聖さからは、結構遠かったよな。
ちょこっと、残念かも。

警備のヒト?は近すぎ!そんなに、睨まないでよ。
撮してないから!!ホントだって。

残念ながら、本当なのです。盗撮?してるヒト多かったな~。
我慢しちゃったけど。それで良かったのかな。
一枚くらい、撮れば良かったかなぁ。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

by urankkkao-ji | 2009-04-29 23:42 | ここではない何処か