2007年 06月 22日 ( 1 )

 

初夏の花たち(伊藤 整リスペクト)

今日もお天気。やること山積で逃避に走るワタシ。またか。
頼りない儚げな花が好き。
c0117239_794067.jpg















亜麻。亜麻色の髪の乙女・・の亜麻。
c0117239_7111837.jpg











ほっとくから、種がこぼれて。風にそよぐ姿がとても美しい。
c0117239_7135344.jpg















花菱草。カリフォルニア・ポピーとも呼ばれるこの花。
これまた苧環なみの優等生。レンガの中からでも花を咲かす。
c0117239_716825.jpg











花友だちが分けてくれた。ペルシアンジュエリー。
c0117239_7184079.jpg











秋にいただいた種を壁際に撒いておいたらこのとおり。
ペルシアンジュエリーって、素適な名前。
って思ってたら。
あら、ニゲラでしょって別の方からご指摘あり。
ふ~ん。ジュエリーがいいな。お花のジュエリー。
c0117239_72324.jpg











都忘れ。誰が名づけたのか秀逸。
c0117239_725843.jpg











コレはピンクの都忘れ。
美しい葉に魅せられて、ずいぶん前に植えてみたこの子は。
c0117239_7273848.jpg











ワイルド・ストロベリー。小さな小さな実が今年もついたね。うれし。

桔梗が好き。秋の花だから、まだまだ咲かないけれど。
初夏を彩るのはこの桔梗。
c0117239_731259.jpg















桃葉桔梗。カンパニュウラ系かな。
c0117239_7324443.jpg















白も好き。雨が来ると倒れてしまうたおやかな花。c0117239_740112.jpg













最後はこのこ。小手毬。
鈴懸の花とも呼ばれる古来から伝わる花木。
季語は春。もう初夏だというのに。何もかもが競うように咲き乱れてる。

とりとめのない花々。生物祭は未だ続く。
だからなのか、なんだか力が湧いてくるような気になれる。
ひとときの幻想に浸ってみるも、またよし。かなっと。

お好みの花子に出会えたでしょうか。
たねになって、あなたのところに飛んでいきますから。
どの花子に惹かれたか、ほかのどんな花子に惹かれているか
知らせてほしいよ。内緒話みたいに。


おまけ 初体験のアイス 旨し。
c0117239_1143116.jpg

by urankkkao-ji | 2007-06-22 08:05 | ぐーたらガーデニング