神々の降臨

c0117239_1453896.jpg
             漢子のタイのお土産1  キャンドル


「かぁちゃんに片づけの神が来ている!」と漢子が叫んだ。
その通り。ついに、やって来たのだ。
ゴミ屋敷からの脱出を図る時が!

なんて大げさな・・・・ねぇ。
んでも、気持ちはまさにゴミとの臨戦態勢。
いや、ゴミじゃないものの方が多いんですがね。

収納されていないさまざまなもの達よ。
あるべきところに収まるのじゃ!

ついでに、物持ちの良すぎる人々よ。
要らないものを整理しようよ。

ワタシの12歳のころのダッフルコートが、なんであるのさ!
旧仮名遣いの三段書きの世界文学全集よ。
アナタの使命はもう終わったよ。

プルーストも、ダンテも、大デュマも、
バルザックも、マンも、ドストエフスキーも
ショーロホフも、ツルゲーネフも、トルストイも
モーパッサンも、ゴーリキィも さよーなら。

「待て、而して希望せよ」 
おおっ!エドモン・ダンテスの言葉がワタシを奮い立たせるよ。
感動をありがとうね。モンテ・クリスト伯よ。

そして、漢子がまた叫ぶ。
「ああっ。かあちゃんに捨てる神が来た!」

そうとも。捨てるのさ。
納戸の中も、押し入れの中も不要物で一杯。
不要物かどうか、見分けがつくようになったじゃないか、ワタシ。
その調子だ!イケイケどんどんで、捨てるんだ!

8年間一回もコンセントすら入れたことのない14インチのテレビ。
新しいスキャナーを使っているにもかかわらず、
そこにおいてある、古いスキャナーのキミ。そうキミのことだよ。
文豪という名ワープロよ。
たしか漱石とともにがCMに出ていたそこのキミも。

シュレッダーにかけるもの、
資源ゴミとして出すものを分別し、
すべて車庫へと運び出す。
もちろん、
いつ購入したかは忘れたけれど
値段だけは忘れない(1000円だったな)セーターや
よれよれのTシャツたち、もう着られない服の山も。
どんどんゴミ袋にほおりこむ。ありがとね、と囁くのは忘れない。
穴の開いたソックスでも、お洗濯してからチャイするのがうちんち流。
そいで、ありがとねと感謝の気持ちも添えるのさ。
ふ~ふ~、こんなもんかな。と車庫への移動を完了すれば。

ゴンザのドアが開かないじゃないか。
なんとか、ドアが開けられるように積み直してっと。

c0117239_1556636.jpg
イヤイヤ、
なかなかにかスッキリとしたではないですか。

うずたかく積み上げられた
DVDを収納する
引き出し型収納ボックスも買ってきたよ。

天板が木目調で、まぁまぁじゃん。

ほうほう、
スッキリスッキリ。

ぬいぐるみさんたちも、
あげたりなんだりして整理しようね。

                            って。その上にあるのはなによっ!



ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
ありがとうございます。
           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。

by urankkkao-ji | 2008-10-11 15:54 | 病気の話  

<< もしやと思った時には・・・ 浮 上 の 兆 し 3 >>