おおもの狙いなカレ

あのコが登場してくれたおかげで、いつになく賑った当ブログ。
日本の南から北から、遠く異国の地からまでご訪問頂き、大変ありがとうございました。
また、何かの記念日にでもあわせてブルーアイズのあのコをご紹介させて頂きます。

ってなわけで、うちんちのカレ。
勝手気ままが毛皮被って動いてるという形容が似つかわしいカレ。
このところご執心の彼女。
c0117239_15435046.jpg








わたし、ココア。まだやっとこ6か月。ぴちぴちの少女よ。
自慢のボデイラインを見て。
c0117239_15455224.jpg











一緒にいるのは、るびい。小さいけどおねえさんなの。
いつも一緒。だけど、この頃シツコイ君が。
c0117239_1550782.jpg











どこからともなく現れて。
c0117239_15524565.jpg











忍び寄ってくるの。
c0117239_1554165.jpg











ほら。ほらほら。
c0117239_15572793.jpg











こら。こらこらこら。
c0117239_15594937.jpg
















それでも優しいココアちゃん。ソレを良いことに一緒に思う存分お散歩して、
おウチまで送らないと、気が済まないカレ。
c0117239_1642491.jpg











だんごのようになって別れを惜しむカレ。
会えて良かったね。
パパさんにも会えて。

ま~た。へたり込みそうな予感。
あ、帰りは抱っこですかい。
ふぅ~。
はっ。この頃とみに二の腕の筋肉が
ぐももっ と盛り上がってきたのはそのせいだったのか。
今年も、キャミは無理だね(とカレのセイにするワタシ。むなしー)



おまけ 1 幼なじみでーす。
c0117239_16143714.jpg







ぽんた でーす。9さいでーす。若いでしょ。


おまけ 2 まだかな丸
c0117239_16192878.jpg







富士丸父ちゃんがせっせとサインするのを、じっと待つ富士君 in Ario Sapporo
なんて、お利口丸。
こんな感じで、教授との対談も待ってたのかな。

by urankkkao-ji | 2007-06-29 16:24 | ウチのカレ  

<< うち棄てられていても 悲劇の余波 >>