レントゲンなカレ 再び

3週間前、突然左脚が付けなくなったカレ。
慌てふためくうちんちの人々。
狼狽しまくったワタシ。ついあのコのブログに泣きをいれたらば。
それはもう温かい励ましの言葉が瞬時にどっさり届き、
へこんでいた気持ちに元気をいただいた。
皆さま、その節は本当にどうもありがとうございました。

ドクターの言葉に一喜一憂しながら、本日3度目のレントゲン。
朝のお散歩(もちろんココアんのお家にストーカーして)から病院に直行。
c0117239_16123098.jpg
















なかなかに、リラックスしているカレ。受付嬢に流し目をくれたりしとる。
で、
レントゲンの結果は。
c0117239_1624138.jpg









小さくなっていますね。お薬を使わないで小さくなっていると言うことは
腫瘍様のものではない可能性が大きいです。
心臓は状況的には同じです。服薬を続けていきましょう。

かわいらしいドクターの言葉にホット胸をなで下ろしつつ。

あんの~
パパになってコールが・・・と例の件についてお伺い。

あれあれもてますね、カレ。まぁ、相性ですから。と微笑みながらおっしゃるドクター。

んでも~、お相手はまだ童女。
聞くところに寄ると2度目のヒートが望ましいそうで・・・

まぁ、その方がいいですし彼女に十分慣れさせておくことがポイントかと。
かと っとおっしゃられても・・・

んでぇ、二人とも初めてなので~。うまくいくのでしょうかのう~。
なぜか汗が噴き出すワタシ。

ま、お互いに任せて。怪我のないようにだけ、気をつけて。
おかぁさん達がついて見張っててあげてください。

はぁ。見張るんですかい。
んで心臓は、ダイジョブなんでしょうかのう。
おっさんなカレの。

体力的な部分では、それほど心配いらないと思います。
が、うまくベビィができるかどうかは
運任せの部分もあります。彼女の体調とか、カレの体調とか。
まぁ、誕生というのは生命の神秘ですから。

神秘・・・そらそうだけども。
なんか、もそっとこう具体的な助言というか、指導というか
よく分からないけども期待していたワタシ。
仲良くして、うまくいけばパパさんになれるって事かのう。

では、1か月後にもう一度レントゲンを撮ってみましょう。
お薬、1ヶ月分お出ししておきますね。
c0117239_1683672.jpg












はぁ。どうもありがとうございました。
降圧剤飲んでパパ目指すンか。
へぇ~。ふぉ~ん。えっと~。

by urankkkao-ji | 2007-06-14 16:26 | ウチのカレ  

<< あらたなウサギの使い道 エクスブログ、何か変だ! >>