骨の記憶   

突然左脚をつけなくなって、ケンケンするカレに驚愕したのは丁度1週間前。
あちらこちらに狼狽の思いを書き込んでみなさまにご心配をかけたカレも、
カノジョやカレや小さいさんに見境なくストーカーするほどの回復ぶり。
みなさまの温かさに感謝、感謝のワタシ。

単なる感染症でしょ。でも、いちおう確認しとかないと。レントゲンでね。
心臓もグレード3(弁に逆流が見られ、逆流音がはっきり聞こえてる状態)だから、服薬も検討しないとね。とりあえず、朝一でアニマルクリニックへ。

状況説明の後、早速レントゲン。
c0117239_12443561.jpg画像上が、先週のレントゲン。
先週の状態から、
どう変化したかを確認するわけだから、両方見ながら説明開始。
画像下が今日のレントゲン。
こころなしかきれいな気が。

かわいらしい先生の説明が始まる。
抗生剤が効いて、炎症は治まったように見受けられる。
元気も先週よりずっと良い。

c0117239_12494070.jpg痛みは消失している。
が、注意すべき出っ張りには
特段の変化無し。

変化無し。それって、どういうこと?

考えられることの一つは
炎症による石灰の沈着。
もうひとつはやはり腫瘍様のもの。
経過観察が必要。
先週に比べて大きくなってはいないので、さほどの心配はいらないが、
c0117239_13121224.jpg
レントゲンで見えるという点では要注意。
2週間後にもう一度確認の必要あり。

あ、そうすか。

ちなみに心臓の方は、前回と同じグレード3の状態。
お薬、いかがいたしますか?将来的なコトを考えると
服薬をオススメしますが。

いかがいたしますかって・・・ そんなこと言われたらやっぱ飲ませた方が良いんだろなって気になるじゃないですか。飲ませなかったばかりに悪化したかもって思うかもしれないじゃないですか。飲んだって回復が顕著なわけではありませんが進行を抑えるという意味でも・・・って言われて、いえ、結構です。とは言えないワタシ。いいなりではんかくさいワタシ。
c0117239_1315479.jpg膝関節の脱臼状況を示すレントゲン。先達にもみせるためにわざわざ出していただく。
他に、待ってる子達がいなかったこともあって、写真も撮らせていただけたわけ。
キミドリの矢印が現在(画像は先週)の膝蓋骨の位置。
ピンクの矢印が正常な位置。
完全にハズレとる。皿、よこにずれてんじゃん。
膝蓋骨内方脱臼。なるほどね。

c0117239_13334977.jpg 
骨自体は太くてツルツルとなめらかで 
とても8歳には見えません
と褒められたのが救い。

しっかし、レントゲンでもなんかの開きのよう。
しっぽの骨までくっきり。
うーむ。
ちょっと、公にしたくない画像だったかも。
かなり、むっとしてます。
この直後歯剥いてひっこみましたとさ。
おつかれっした。  ふぅ。

by urankkkao-ji | 2007-05-31 13:40 | ウチのカレ  

<< 欲しいも・の 糖分と効率 >>