抜糸

昨日、カレの抜糸のためにH大動物病院に出かけてきました。
予約時間は11時。
少し早く到着できるように家をでました。

翌日が祝日のせいでしょうか。動物病院はとても混んでいました。
いつも座っているベンチはいっぱい。
壁際のスチール椅子で待つ事に。

c0117239_7565284.jpg











兄ちゃん。混んでるでつ。

c0117239_758459.jpg











かあちゃん、混んでるでつってば。

そうだね。混んでるねぇ。かかりつけの先生から紹介されたわんこさんやにゃんこさんが
いっぱいだねぇ。

c0117239_802958.jpg




パグのチョキちゃん。
9歳。めんこいじょ。
お耳の片方は
手術で中が閉じられていました。

でも、元気^^。
少し体格の良いチョキちゃんは
11kg。



うーん、抱っこするのは大変ですね^^。と、
飼い主さんとおしゃべりするワガママン。

c0117239_8327100.jpg











たいくつでつ。ね、兄ちゃん。byネムロ
まぁ、待てや。byカレ

お腹の調子も悪く、すぐグッタリと横になるカレ。
早く診察に呼ばれるとイイねぇ。

c0117239_88166.jpg








ベンチがあいたでつ。
移ってきたでつ。

広くてラクチンでつ。
ね。兄ちゃん。


c0117239_892515.jpg











・・・・・・・・・・・・・・。兄ちゃんくつろぎまくり。

と、グッタリしていたカレにいきなり異変が!
入ってきたワンコさんに猛烈アタックを始めるカレ。
さっきまでのグッタリ加減はどこへやら、
わんこさんの後(主に尻)をついて回って、匂いまくるカレ。
あああああ。常に色気が勝るんだねぇ、カレよ。

んでもさぁ、身の程っつーの?身の丈っつーの?を知って欲しいワケ。
てか、乗れないから。絶対無理だから。
だって、カレがこれまでにないくらい執着を見せた相手はこちら。

c0117239_8152236.jpg











ハスキーと北海道犬(飼い主さんがこう言ったからね)のミックス。
カツ君。12歳。
・・・・・・・・・。オトコのこ。しかも大型犬。
2歳からこちらの病院にかかっているカツ君は悪性リンパ腫を克服し、
緑内障で左目が義眼。昨年脾臓に悪性腫瘍が見つかって切除しているとのこと。
とっても気のイイコで、めちゃめちゃフレンドリー。
モフモフ感が、もうたまら~~ん。
ワガママンてば、あのコを思い出しちゃったYO。
脾臓の癌は摘出したけれど、再発、転移予防のために
抗ガン剤を服用中とのこと。2週に一度こちらに通院ちう。

予約時間を随分過ぎた頃、カレの名前が呼ばれました。
カツ君にアタックしまくるカレを引きはがして、診察室に向かいました。
引きはがすのにむちうで、何番診察室かも聞き逃したうっかりハチべーはワタシです。

覗きこんでは、違います!と、いわれつつやっと診察室に到着しました。ヤレヤレ。
そこには入院中もお世話になった研修医の先生がいらっさいました。
まず、退院後の状態説明をするワガママン。
吐く事は無いけれど、下痢ピーがおさまらない事。
震えながら寝ている事が多いこと。
お腹が緩いので療法食をあげているけれど、あんまり食べないこと。等々・・・。

先生は、ふんふんとお聞きになりながらカルテに記入して、
「それでは、今日は針を取って(抜糸のこと)血液検査をしますね。
結果が出るまで、待合室でお待ち下さい。
ちょっと時間がかかるかもしれませんが、大丈夫ですか?」と、
お気遣い戴く。やさしいのう。
大丈夫です。よろしくお願い致します。
「では、お預かりします」←先生方の決めぜりふ(笑)。

と!パッパラパーネムロってば。あろうことか
診察室内にて、脱糞。
きゃーーーーっ!

先生は「大丈夫ですよ。こちらでやっておきますからイイですよ^^。」と、優しくおっさいました。
スミマセンスミマセンスミマセン。
スゴスゴと診察室を出て待合室に戻るワガママン。
恥ずかしくて大汗かきましたがね。ふーっ。
カツ君のおかーさんに「このコったら診察室でンコたれちゃったのお~」と、報告。
重病で通院しているコが多い待合室に皆さんの笑い声が響きました。えへ。

カレが処置してもらっている間もなんやかんやと我が子の病気自慢(笑)。
手作り食の工夫とか、抗ガン剤の投与方法とか参考にナルお話も沢山聞けました。
待ち時間が短く感じられた事が一番の収穫でもありました。
カツ君さわり放題だしね。えへ。

14時少し前に、カレの名前が再び呼ばれました。
何番っていった?何番っていった?と、まわりにまたも確認するワガママン。
どこからともなく、6番でーす!と、教えてくれる声。ありがたや^^。

6番診察室にはお世話になったイケメンH先生がいらっさいました。
手術や入院中はお世話になりました。今日はお忙しいのですね。とご挨拶。
「今日はちょっと混み合いました」と、先生。

「術後2週間以上経ちましたので、傷口の針をはずしました。
血液検査の結果、肝臓の機能は問題ないようです。
ビリルビンの数値も0.7(正常値0.1~0.5)と下がってます。」

おおお。ぶらぼおお!
退院前の月曜日には5.4に跳ね上がってビックリだった数値が
正常値よりやや高いとはいえ、こんなに下がってる。
と、欣喜雀躍するワガママン。

「白血球の数値は高いですが、まぁ、術後ですからね。
調子はどんな感じですか?」

食欲はあるようですが、一度に沢山は食べられないようです。
下痢がおさまらないのでかかりつけの先生から下痢止めを戴いて、
昨日から飲ませたところです。と、状況をお伝えしました。

「ふーん。体重が減っています。今日は4.98kgでした。
療法食をたべなくなったのなら、食べられそうなもの、以前のゴハンに変えてもいいです。
術前は6kg以上あったので、とりあえず体力回復のために体重増加を目指して下さい。」
と、おっさいました。

抗ガン剤とかは・・・?と、おずおずお聞きすると、
「まだ先の話ですね。今は術後の静養状態ですから。
次回に来た時も下痢がおさまっていなかったら違う下痢止めをお出しします。
体力回復を目指しましょう」とのこと。

了解でございます。どうもありがとうございました。
あ。血液検査の結果をいただけますでしょうか?←かかりつけの先生が見たいそうなので。
と、お願いすると気軽に渡して下さいました。

次回の診察日を1月7日と決めて、診察室を後にしました。

白血球数・・・・・・・・・。65700て。←正常値6000~17000
抗生剤も飲まなくてダイジョブなんだろか・・・と、ちと思いましたが、
長い入院中に十分投与されていたはずだし、必要なら先生が処方してくだるはずだし。
と、待合室に戻ってお会計を済ませました。

カレの大好きなカツ君は診察室に入っていて、カレは会えませんでした。
残念だったね。かわりに、カツ君のおかーさんに撫でてもらい、カツ君の
残り香を堪能していました(笑)。ついでに、カツ母にバンザイ姿を支えてもらいました。

抜糸というよりは、針(ホッチキス・・・ステープルつうの?のような感じ)を外してもらったカレ。
(キョワイ方、得意でない方は素早くスクロールしてね)

c0117239_975838.jpg








ちょこっと滲んだ血。
がんばったね。

サッパリしたかい?
カレよ。
お疲れさま。



今度来るまでに、もう少しDBになってなくちゃね^^。
うーん。初めての展開だねぇ。太る事が課題とわ・・・。
・・・・・・・・・。う、うらやましかーーーーーっ。

←ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。
           動物病院で出会ったカワイイ面々に。
           抜糸を頑張ったカレとやらかしちゃったネムロに(笑)。           
                                                                   
           よろしければ、ポチッとひとーつお願いしまっす。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



☆犬と共存できる社会に向けて、ワンクリックでできることがあります。
c0117239_813843.jpg
あなたも、ワンクリック!いかがでしょ^^。



☆写真展開催中
お近くの方はゼヒ。遠方の方もなんとか^^。
いよいよ本日までですよお~~!お急ぎ下さい~~!

c0117239_752229.jpg



Photolog of NEKO-PHOTO
NEKO-PHOTO.com
でお馴染みの写真家
SONEさんが写真展を開催されています。
詳細はこちらで♪

by urankkkao-ji | 2010-12-23 09:22 | ウチのカレ  

<< 針 親指の想ひ出 >>