レンヌ駅発モン・サン・ミシェル行き  ローマ~パリ:すちゃらか道中記22

c0117239_19395292.jpg
評判の良かった美青年。
頬杖付いてる姿も、また良し(笑)。

さて、そんなこんなしているウチにTGVの2時間20分ほどの旅は終わりを告げ、
レンヌの駅に到着です。
c0117239_1941485.jpg

c0117239_19505123.jpg


駅を出て、隣のバスターミナルに向かうちーちゃんとワガママン。
うふふふふふふふふ。ワクワクドキドキの二人。
c0117239_19442661.jpg
レンヌの駅前はとてもオサレ。
c0117239_19451184.jpg

バスターミナルには、お目当てのバスの表示がちゃんとあって。安心する二人。
c0117239_19483343.jpg

しかも。バスもちゃんと待機してる。ぶらぼお~!
c0117239_19502180.jpg
なんか、
バスのドライバーさんもカッコ良くね?おフランスな感じでオサレ~な方。
時間になって、乗り込む人々。
で、ここでまたニポンでは考えられない乗車方法が・・・。
事前にチケットを持っていようが、乗り込んでから買おうが扱いは同じ。
おまけに、満席になったらソレまでよ、なわけで。
並んで待っていても、しかもチケットがあっても乗れないときは乗れない。
シンプルだけど、なんか馴染めない方法。
効率重視・・・っていうことにどんだけ毒されてるかが自覚された経験でしたな。

首尾良く乗車できました。車窓に広がるおとぎ話のような風景。
もちろんブレてますがアップしちゃうですよ~。
c0117239_200298.jpg

c0117239_203369.jpg
ああ、いちめんの菜の花だ。
と、ぼーっと窓の外を眺めながらバスに揺られる事1時間あまり。
ドヨドヨ~っお客さん達の騒ぐ声が。何?ナニナニ?
っと、通路側に乗り出して前を見たら。
c0117239_2062710.jpg
あ!あれは・・・。
一瞬姿を見せたモン・サン・ミッシェルに車内の空気は一気に沸き上がりましたな。
んがっ。カメラやビデオを構えて窓に張り付き、あるいは通路側に陣取る乗客をよそに、
風景は、また田舎風なレストランなどに変わっていくのでした。
c0117239_2092243.jpg

c0117239_209477.jpg

そして。
とうとう、その偉容が眼前に迫ります。
c0117239_2014719.jpg


思わず通路に、身体を乗り出すワガママン。
ううううう。前の方がガッチリカメラを構えてて。見、見え~ん!!
一番前に座ってるんだからもうちょっと、気働きっての?心配りっての?
そんなのがほすいワガママン。
構えるオッサンの脇の下をかいくぐって見たものは。

c0117239_20172329.jpg


憧れのモン・サン・ミッシェルに、到着した瞬間でした。


ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントを下さった皆さま。           
           ありがとうございます。

           ついでに、ポチッとよろしくお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。



<告知>
五所川原市立図書館「太宰治生誕100年記念企画」~津鉄に乗って太宰を読もう~
で太宰の本の寄贈を求めています。ご協力頂ける方は、よろしくお願いします。
詳しくはこちらで

送り先・問い合わせ先
 〒037-0046 青森県五所川原市栄町119番地
 五所川原市立図書館
 TEL 0173-34-4334
 メール tosyokan@goshogawara.net.pref.aomori.jp

おまけ カレ&ネムロ 床屋さんbefore
c0117239_20234680.jpg

       after  う~ん。カレ、若作りだわ。10歳の年の差があるなんて。←親バカ
c0117239_20255457.jpg

by urankkkao-ji | 2009-05-15 20:31 | ここではない何処か  

<< モン・サン・ミッシェル 海に聳... TGVに乗って。 ローマからパ... >>