ロンの想い出

お正月に、あーちゃんがお泊まりした時

「ロンがいなくなって、ほんとうに寂しいの」
「写真もあんまり無くて」

と嘆いていらっサル。いっぱい撮ってたのに。きっと、どこかにしまい込んでしまって、
見あたらなくなっているのかしら・・・と思いながら。
うちんちにあるよ~。見る?と聞くと。

「あら~。あるの?見る見る」と横になっていたからだをがば~りと起こしていらっサル。

ほら。ね。

c0117239_744394.jpg











昨年の秋、12歳を超えて少しで逝ってしまったゴールデンレトリバーのロン。
とっても賢くて、強くて、優しくて、そして甘えん坊だったね。

c0117239_7471030.jpg











漢子に抱っこされている4か月くらいのロン。
昼寝して起きたら大きくなっている感じ。大型犬の凄さにびっくり~だったよね。

c0117239_7484957.jpg











ひっついて寝る漢子とロン。




c0117239_7492965.jpg











目が覚めたら、同じ顔して。



c0117239_7525117.jpg












うちんちから1時間半ほどの所に住んでいる先達の実家に。
毎週のように訪ねては、仔っこのロンと遊んだっけね。

オヤツを山のように持っていって、お手もお座りも、伏せも。
みんなうちんちが教えたっけね。
一回で覚えたのにはビックリしたよ。

ビッケだよ。って言ったら。もう、お手のポーズで。

「賢くてね。甘ったれで。パパ(先達父)んとこくっついて寝てるの。」

と、写真を眺めながら。ひとしきりあーちゃんがロンの話を嬉しそうになさる。

「わたし達がオヤツを食べてるとね。ちゃんと側に座って離れないの。それで、パパとわたしから
もらうワケよ。だから、ロンが一番当たりが良いの」

と、目を細めて話をつなぐ。

うちんちの、ニュープリン太クンは多機能で写真のスキャンもキレイに出来る。
先達が、印刷するかい?と聞くと。

「あら~。もらえるの?うれしい。パパも喜ぶわぁ~。」と笑みこぼれる。


毎日500mlもの牛乳をそこら中にまき散らしながら飲んでいたロン。
先達父の散歩のお供で、近所中から愛されていたロン。
高齢で、病を得た先達父母を思って、先に逝ってくれたのかなぁ。

あーちゃんや、おーちゃん(先達父)のこと、見守ってね。
いつもやさしい瞳でうちらを迎えてくれて。
バッサバッサと尻尾を振っては、おーちゃんのお気に入りのテラコッタを
なんども床にたたきつけたロン。

おーちゃんは、しょうがないなぁ~とか言いながら
アロンあるふぁでくっつけてまた飾っていたよね。

天使の姿のテラコッタ。ロンの魂はあの中にあるのかな。
お庭に先代犬達とともに眠るロン。
どうぞ安らかに。


c0117239_8192473.jpg












ロンの匂いのする場所で。探しているの?
もう会えないんだよ。んでも、きっとよく来たねって言ってるよ。
そいで、まだこっちには来なくて良いからねって。
ロンの言うこと聞いて。ロンの分も。いっぱい一緒にいようね。



ランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。
           コメントをくださったみなさま。ロンの想い出にお付き合いくださって。
           ありがとうございます。
           よろしければ、ポチッとお願いします。
           携帯からはこちら!

           ありがとうございました。

by urankkkao-ji | 2009-01-07 08:35  

<< 別れゆく日々 それぞれのカタチ >>