気づかされる朝

うちんちにしては、日射しが強く感じられるこの頃。
暦の上ではもう、11月も半ばに入ろうとしているのに。長い秋を楽しめている。

それは、とても穏やかな日溜まりだったり雲一つ無いスッキリとした高い空だったり。
それでも。
c0117239_5501472.jpg












草たちに霜が降りている朝。
c0117239_5515839.jpg











学校で習った理数系の知識の殆どは、
実生活では役に立たなかったり、思い出したりもしないけれど。
科学で習った、放射冷却現象だけはしっかり覚えていて、実感として理解できる。
晴れ渡った早朝の息の白さ。庭の花々に降りた霜に。

もう、初冬 なんだ。
と気づかされる朝。

c0117239_5581273.jpg

北限の柿の木
その葉を
すべて落として。

空の中で
美しい実だけを
輝かせている。

この実が、すべて落ちないうちに、
根雪と呼ばれる
春まで解けない雪で
うちんちは覆われていくのだ。





日射しを浴びて、庭に降りた霜がすっかり消える頃。

c0117239_611553.jpg












うちんちは、こんな室温。夏の画像だろうって?

c0117239_6122093.jpg













消印にご注目。って、誰も疑ってないってば。

おまけ
c0117239_6162024.jpg
漢子が帰ってきて、
嬉しいカレ。

猫のように身をかがめて
しっぽふりふり
駈け寄っていく直前。

んで、おかえりおかえりおかえり~
とじゃれて。

はっと、我に返ったように
唸りながらサンクチュアリへ。

可愛いちゃんでいるのは20秒。早っ。




c0117239_20151739.jpg←人気ブログランキングに参加しています。読んで下さった皆さま。コメントを下さった皆さま。ありがとうございます。朝の霜に身震いした方も室温の高さに羨ましくなった方もついでに、ポチッとよろしくお願いします。
hiroeさま作の可愛いバナーでも×マーク(ちゃんとバナーが出てるPCもあるけど)でも、
←人気ブログランキングでも、どっからでも行けます。
お好きなトコロを選んで、一日一回、クリックしてね!

携帯からはこちら!

           ありがとうございましたぁ。

by urankkkao-ji | 2008-11-13 06:27 | ネイチャーなうちんち  

<< 欺かれてでもいるように エビでパイを釣るコツ >>